リンク アクセス お問い合わせ サイトマップ
センターについて

論文

2015年度

英文

  1. Effects of nutritional supplementation on fatigue,and autonomic and immune dysfunction in patients with end-stage renal disease: a randomized, bouble-blind, placedo-controlled,multicenter trial.
    Fukuda S, Koyama H, Kondo K, Fujii H, Hirayama Y, Tabata T, Okamura M, Yamakawa T, Okada S, Hirata S, Kiyama H, Kajimoto O, Watanabe Y, Inaba M, Nishizawa Y.
    PLoS One.10(3):e0119578(2015)
  2. Fatigue and sleep under large summer temperature differences.
    Fujii H, Fukuda S, Narumi D, Ihara T, Watanabe Y.
    Environmental Research. 138:17-21(2015)

2014年度

英文

  1. Comparison of effects of pioglitazone and glimepiride on plasma soluble RAGE and Rage expression in peripheral mononuclear cells in type 2 diabetes: Randomized controlled trial(PioRAGE).
    Hidenori Koyama、Shinji Tanaka, Masayo Monden, Takuhito Shoji, Tomoaki Morioka, Shinya Fukumoto, Katsuhito Mori, Masanori Emoto, Tetsuo Shoji, Mitsuru Fukui, Hisako Fujii, Yoshiki Nishizawa, Masaaki Inaba.
    Atherosclerosis 234(2)329-334(2014)
  2. Competitive Strategies for Japanese Clinical Trial Sites:A New Approach to Quality.
    Toshiyoshi Tominaga.
    Therapeutic Innovation & Regulatory Science, 48(6)702-708(2014)

2013年度

英文

  1. The ICH,the GHTF,and the Future of Harmonization Initiatives.
    Toshiyoshi Tominaga.
    Therapeutic Innovation & Regulatory Science 47(5)572-580(2013)
  2. Autonomic function is associated with health-related quality of life in patients with end-stage renal disease: a case-control study.
    Fujii H, Koyama H, Fukuda S, Tokai H, Tajima S, Koizumi J, Yamaguti K, Kuratsune H, Watanabe Y, Hirayama Y, Shoji T, Inaba M, Nishizawa Y.
    Journal of Renal Nutrition. 23(5):340-7(2013)

和文

  1. 創薬シーズを臨床につなげる ~アカデミア発の創薬の実現に向けて~
    北条泰輔、成田昌稔
    薬学雑誌133(2)181-182(2013)

2011年度

和文

  1. 喫煙者を対象とした電子タバコの安全性確認試験
    三浦克之、菊川友子、中尾隆文、東海秀吉、泉康雄、藤井比佐子、北條泰輔
    生活衛生55(1)59-64(2011-03) (2011)
  2. 臨床試験・治験被験者募集に関する多施設調査
    角栄里子、村山敏典、石塚良子、北風政史、山本晴子、中川雅生、川島弓枝、東海秀吉、松野桂子、横出正之
    臨床薬理42(1)27-31(2011)

2010年度

英文

  1. Fatigue is a predictor for cardiovascular outcomes in patients undergoing hemodialysis
    Hidenori Koyama, Sanae Fukuda, Tetsuo Shoji, Masaaki Inaba, Yoshihiro Tsujimoto, Tsutomu Tabata, Senji Okuno, Tomoyuki Yamakawa, Shigeki Okada, Mikio Okamura, Hirohiko Kuratsune, Hisako Fujii, Yoshinobu Hirayama, Yasuyoshi Watanabe, Yoshiki Nishizawa
    Clin J Am Soc Nephrol 2010 5: 659-666.

和文

  1. 二重盲検単回摂取クロスオーバー試験によるβ-グルカン強化型大麦食品の食後血糖値への影響および安全性の検討
    中尾隆文、藤井比佐子、菊川友子、東海秀吉、久下高生、椿和文、松本渉、三宅真澄、金田俊光、橋本文彦、三浦克之、平山佳伸
    薬理と治療 38(10), 907-914(2010-10)
  2. 喫煙者を対象とした電子タバコの安全性確認試験
    三浦克之、菊川友子、中尾隆文、東海秀吉、泉康雄、藤井比佐子、北條泰輔
    生活衛生55(1)59-64(2011-03)

2009年度

和文

  1. 食品の機能性評価のための臨床試験を考える
    平山佳伸
    生活衛生53(3)1-2(2009)
  2. 特別講演 特定保健用食品の機能性評価
    平山佳伸
    食品衛生学雑誌 50(2): J-182-184(2009)

2008年度

和文

  1. 健常人を対象にした紅麹のコレステロール低下作用 ―ランダム化二重盲検群間比較による用量検索試験―
    庄司哲雄、藤井比佐子、東海秀吉、藤本幸栄、和田憲嗣、川野直也、土蔵尚子、李英子、大塚淑子、寺村めぐみ、庄司拓仁、篠原加代、福岡忠彦、橋本文彦、平山佳伸
    日本臨床栄養学会29(4)425-433(2008)
  2. 新規機能性食品の臨床試験による保健機能評価について
    平山佳伸
    微量栄養素研究 25, 19-22(2008)
  3. 特定保健用食品の機能性評価
    平山佳伸
    食衛誌 50(2), 182-184(2009)
  4. 【最新・疲労の科学 日本発 抗疲労・抗過労への提言】抗疲労臨床評価ガイドラインの作成--抗疲労でも特定保健用食品用でも日本初の臨床評価ガイドラインの概要
    平山佳伸
    最新・疲労の科学-日本初:抗疲労・抗過労への提言
  5. 治験・承認審査の現状と課題(新薬展望2008)
    平山佳伸
    医薬ジャーナル, 44(S1): 39-42(2007)

2007年度

和文

  1. キシロオリゴ糖配合食酢飲料の健常人に対する過剰摂取時の安全性試験
    三浦克之、中尾隆文、東海秀吉、藤本幸栄、藤井比佐子、橋本文彦、竹内一秀、平山佳伸
    生活衛生51(2), 85-91(2007)
  2. BB-12 を用いて調製したプレーンヨーグルトの健常人に対する過剰摂取時の安全性試験
    三浦克之、中尾隆文、東海秀吉、藤本幸栄、藤井比佐子、橋本文彦、竹内一秀、平山佳伸
    生活衛生51(4), 241-248(2007)
  3. 納豆菌配合整腸薬「ザ・ガードコーワ整腸錠」の熟年男女の通便と腸内細菌叢に及ぼす影響と安全性試験
    中島裕司、福井充、藤井比佐子、藤本幸栄、三浦克之、平山佳伸
    臨床と研究85(1), 141-147(2008)
  4. CBEX-Dr配合飲料の健常者における抗疲労効果
    田中雅彰、鴫原良仁、藤井比佐子、平山佳伸、渡辺恭良
    薬理と治療 36(2), 199-212(2008)
  5. 治験の活性化のために何をするべきか
    平山佳伸
    月刊基金48(7) 3-5(2007)