リンク アクセス お問い合わせ サイトマップ
センターについて
ホーム > REDCapポータル > REDCap学外提供(REDCap-SaaS)

大阪市立大学REDCapシステム 学外提供への
お申込みページ(通称:REDCap-SaaS)


大阪市立大学REDCap学外提供(通称:REDCap-SaaS)とは?手続き方法について
各種書類について経費の目安ご利用時の注意点Web申込み

大阪市立大学REDCap学外提供(通称:REDCap-SaaS)とは?

    大阪市立大学REDCapグループでは、研究データの質の向上を目指した基盤構築の一環として、『REDCap』の日本での普及を推進しています。 REDCapを利用するためには、各大学がVanderbilt大学とEnd User License Agreement(EULA)を締結し、大学ごとにREDCap用サーバーを構築し運用を行う必要があります。その際、各大学で、サーバー機器の調達、設定、バックアップ、セキュリティ確保、その他システム運用を実施する必要があります。そのためには専門のIT技術者の関与が必須です。我が国では各大学の臨床研究支援組織にREDCap導入を行うための情報基盤やIT人材が不足しているため、REDCap普及の妨げになっていました。
    本グループが2015年6月にREDCap運用を開始いたしましたところ、いくつかの大学から本学のREDCapを利用できないかとの強いご要望がありました。開発元のVanderbilt大学と協議し、日本におけるREDCap普及の為に、本学のREDCapの外部提供(REDCap-SaaS)契約が特別に許可されることになりました。あくまで試験的な取り組みであり、現在世界中で学外提供を行うことができるのは、開発元のVanderbilt大学と大阪市立大学のみとなっています。

手続き方法について

    REDCap-SaaSサービスは、通常の商用EDCシステムのレンタルサービスや業務委託契約とは異なります。ご利用に際しては、大阪市立大学との「研究支援契約」を取り交わさせていただきたいと考えています。

    【手続きの流れ(概要)】 ※図をクリックすると拡大します。
    REDCap-SaaS契約の流れ

各種書類について

経費の目安

以下は、あくまでも目安になります。
費用には消費税は課金されませんが、規定で則った事務手数料(15%~30%)が課金されます。
詳細はWeb申込み後にお打合せさせて頂ければと存じます。
No. 内容 経費 備考
1 ライセンス料 1プロジェクト
30,000円/月
初回ユーザID登録時から発生します。
2 ヘルプデスク料(高) 13,550円/月 サポートレベル「高」のサポートになります。初めてREDCapをご利用頂く場合、初年(利用開始~12ヶ月目)は、こちらのサポートをご利用下さい。
3 ヘルプデスク料(低) 3,550円/月 サポートレベル「低」のサポートになります。既にREDCapをご利用頂いている場合、或いは2年目以降(13ヶ月目~)は、こちらのサポートをご利用下さい。
4 サーバ・ネットワーク使用料 16,450円/月 初回ユーザID登録時から発生します。
5 割付 1プロジェクト
450,000円
割付に関しましては、設定等の誤りがあった場合、研究に及ぼす影響が非常に大きいため、REDCapで割付を実施する場合は、必ず本学にてシステム開発することとさせていただきます。
6 システム構築 応相談 システム構築をご希望の場合は、研究計画書、症例報告書(CRF)などデータ収集の概要がわかる資料をご準備の上、お問い合わせください。資料は最終版でなくても結構です。
7 ITコンサルティング 応相談 外部システムとの連携、Hook、Plug in作成、その他
8 教育支援 応相談 お申込み施設におけるREDCapのトレーニング支援を行います。
9 導入・運用コンサルティング 応相談 EULAでのREDCap導入やサービス運用の支援を行います。
10 サーバホスティング 応相談 お申込み施設に対し、無制限のユーザ、プロジェクト利用を実現する為のサーバ構築、及び運用などを行います。
11 統計コンサルティング 応相談 REDCap利用に際しての統計の相談

ご利用時の注意点

  • 窓口となる担当者(REDCap利用の管理者)を指名してください。
    研究期間を通して、本学と貴施設との連絡窓口となる担当者(「REDCap利用の管理者」)を必ずご指名ください。本学REDCapグループからの通知等の連絡は、当該担当者にメール等で送付させていただきます。連絡内容には、契約に関する内容、ユーザID発行手続き、REDCapサーバのメンテナンスのお知らせ等が含まれます。担当者は、REDCapグループからの連絡内容を関係者に必ず周知してください。
  • ユーザの方々からの問い合わせは「REDCap利用の管理者」で取り纏めて下さい。
    REDCapヘルプデスクでは、入力者といったユーザの方々からの問い合わせには対応をしておりません。というのも、ユーザの方々からの問い合わせには研究のプロトコールに関するご質問が含まれることが予想されます。このような質問はREDCapヘルプデスクでは対応が出来ない為、該当研究に関するご質問は、必ず「REDCap利用の管理者」経由でやり取りをさせて頂いております。
    ご利用の際には、関係者の方々に必ず周知して下さい。
  • 申込者は、REDCapについての基本的な知識のある方とさせていただきます。
    申込者は、本学の「REDCapセミナー Fundamental 1」程度の内容をご理解いただいている事を前提といたします。なお、セミナーの受講は必須ではありません。
  • REDCap資料の入手
    本ポータルサイトの「REDCapとは?」のページにて「REDCapについての説明資料」を配布しております。ご興味ある方は、是非ご一読下さい。
    「REDCapとは?」には、本画面の右上メニューリンクから移動して下さい。
  • セミナービデオの閲覧
    Fundamental 1のビデオも公開しておりますので、是非ご利用ください。
    Fundamental 1のビデオの視聴には、Japan REDCap Consortium メーリングリストへの登録が必要です。
    メーリングリストのお申込みはこちらからお願いします。

REDCap-SaaS Web申込み