リンク アクセス お問い合わせ サイトマップ
センターについて

沿革

 当センターでは、製薬会社や食品メーカーからの委託により、医薬品および特定保健用食品(トクホ)の有効性・安全性を検査し、製品開発のアドバイス等を行っています。
 さらに、これまで市立大学が取り 組んできた医薬品効能試験の技術を生かし、医薬品に加え、生活習慣病の一次予防に役立つ食品の開発支援にも努めています。
 当院では新GCP(平成9年)に対応して、倫理性、科学性、信頼性に適う治験を円滑に行う必要性から病院長の下、院内措置として平成10年(1998年)4月に「治験薬管理室」を設置、平成17年(2005年)12月に「医薬品・食品効能評価センター」を開設し、現在に至っています。
沿革
平成10年
(1998年)
4月 ・「治験薬管理室」設置
平成17年
(2005年)
12月 ・「医薬品・食品効能評価センター」発足
・「食品効能試験審査委員会」設置
・食品効能試験手順書(第1版)作成
平成18年
(2006年)
3月 ・第1回 医薬品・食品効能評価センター運営委員会
6月 ・「おおさか臨床試験ボランティアの会」設立
平成19年
(2007年)
7月 ・厚生労働省が「治験拠点医療機関」として選定