中央臨床検査部について

中央臨床検査部の理念

中央臨床検査部は迅速かつ正確な成績を診療側に提供します。


業務内容

中央臨床検査部は患者様の血液、髄液、関節液、膿・尿・喀痰、便等の検査を行う検体検査と、患者様の生体情報を直接調べる心電図検査、脳波・筋電図検査、呼吸機能検査、超音波検査(腹部、心臓、頸部、乳房等)等の生理検査があります。
検査遂行にあたっては各科診療部門等と連携し、病気の発見・診断・治療および治療効果の判定等に必要なデータを迅速かつ正確に提供することを目指しています。
本院の高度医療を支えるため、学会発表や研修会参加等を活動的に行い、常に新しい知識や技術技能の向上を行い、専門分野の認定資格を積極的に取得するなど、臨床検査の質の向上を図っています。
国際的な評価に耐えうる品質マネジメントシステムを構築し医療チームの一翼として、患者様への更なる医療サービスの向上を目指します。

●採血業務(採血、出血時間、糖負荷試験、血沈検査、治験・臨床研究採血、尿素呼気検査等)
●検体検査(血液検査、生化学・免疫検査、細菌真菌ウイルス検査、遺伝子検査、一般検査等)
●生理機能検査(心電図、呼吸機能検査、血圧脈波、脳波、筋電図検査、各種超音波検査等)
●外部委託検査(外注検査の品質管理、検査データ検証、電子カルテ取込み作業等)
●麻酔科検査(術中・術後における血球計数・血液ガス分析等)、耳鼻科検査(平衡機能検査等)
●治験・臨床研究支援(採血、分析測定、検体処理・保管管理、データ管理等)

当検査部の特徴

検体検査は病院電子カルテ上の医師のオーダー情報に基づき、自動バーコード貼付装置で採血・尿検査等の検査容器にバーコードラベルを添付し、採血時に3点照合を行い検体誤認を防止しています。また臨床検査システムと搬送ラインを組み合わせることで業務の効率化省力化を推進し検査オーダーの読取り、検体照合、測定、データ管理・精度管理等を行ない、迅速かつ正確な検査成績を診療側に提供することを理念としています。

●緊急検査は24時間体制を整え血液検査だけでなく髄液検査や微生物検査等にも対応しています。
●生理機能検査は画像ファイリングシステムを導入し検査データの保存やデータ過去歴の参照の簡便化等を図っています。超音波検査は上級医によるダブルチェック体制を構築し、循環器領域は当日診察前心エコー図検査を行ない迅速な検査報告を行なっています。検査は超音波検査士認定を取得している技師を中心に行い、また担当技師全員が認定を取得すべく研鑽を積んでいます。
●院内感染対策活動は微生物検査室を今年度から感染制御部に移管しこれまで以上に迅速かつ綿密な連携を行える体制を構築しています。
●国家資格である「臨床検査技師免許」以外に技術・知識の向上の為、認定資格の取得に努めています。
 主な認定資格:緊急臨床検査士、二級甲類臨床検査士(微生物、血液)、輸血検査技師、HLA検査技術者、超音波検査士(消化器、循環器、体表、健診、産婦人科 各領域)、一般検査技師、血液検査技師、骨髄検査技師、医療情報技師、第2種ME技術実力検定、分析機器・試薬アナリストなど



使用機器一覧(Exelファイルで開きます)

                                    
PAGE TOP

バナースペース

大阪市立大学医学部附属病院
中央臨床検査部

〒545-8586
大阪市阿倍野区旭町1-5-7

TEL 06-6645-2203
FAX 06-6646-3627