[an error occurred while processing this directive]
診療科・部門アイコン

当院について

院内ニュース

「さわってみようAED」を開催しました

AEDの使用方法や心肺蘇生法を伝授!

 平成28年2月19日(金)、「さわってみようAED」が病院1階玄関ロビーで開催されました。
  このイベントは平成21年から毎年開催されており、患者さまや病院職員など、今年は20名を超える方々が参加されました。 AED(自動体外式除細動器)とは、心停止の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。 AEDの使い方や心肺蘇生法を広める活動を行っている医学部学生のクラブ「ライフサポートクラブ(LSC)」が説明等を行いました。
  「倒れている人を発見した場合にどのように対応すべきか」から、呼吸の確認方法、胸骨圧迫心臓マッサージの方法、AEDの使用方法などをわかりやすく説明しました。 説明を受けながら実際に人形を使って練習することで、自然と一連の流れが身に付きます。そして、最後には修了式で受講者全員に修了証書とバッジの進呈がありました!
  心停止してから救命処置を始めるまでの時間が短ければ短いほど、救命率は上がるといわれています。心臓突然死はいつでも誰にでも起こりうるものなので、 事態に居合わせる可能性もゼロではありません。今回学んだことで、倒れている人を見かけたときに行動を起こす勇気となったことと思います。
  このイベントによって救われる命もあるはずです。より多くの方々に心肺蘇生法やAEDの使い方を知ってもらうよう、 このイベントを開催されているLSCのみなさんと関係者の方々の今後の活躍を期待しています!!