ホーム > 診療科・部門 > 中央放射線部

中央部門のご紹介

中央放射線部

間取り図

業務内容

中央放射線部では、一般撮影検査(胸腹部撮影、各種骨撮影、乳房撮影など)、CT検査(ダイナミックCT、CTA、3DCTなど)、 MRI検査(MRA、MRCP、MRエラストグラフィ、DTIなど)、透視造影検査(胃腸造影、腹部造影、泌尿器造影、関節造影など)、 血管造影検査(頭、心臓、肝臓、IVR、血管ステント挿入術など)、核医学検査(ラジオアイソトープを使用したシンチグラム、SPECT/CT、ポジトロン核種を用いたPET/CTなど)、 放射線治療(高エネルギー放射線治療、定位放射線治療、RALSなど)、骨塩定量検査を担当し各科への画像診断を支援し、 また治療も行っています。

特徴・特色

  • 最新診療装置(3TMR装置(3台)1.5T MR装置(1台)、64列・320列MDCT装置(計4台)を用いた高精度な画像診断を実施しています。
  • 世界初の肝血管閉塞術をはじめ、近年は最新IVR/CT装置を導入し、先進的なインターベンショナルラジオロジー(IVR)を実施しています。
  • 脳腫瘍やAVMに対して、リニアックを用いた高精度な定位放射線治療を実施しています。
  • 核医学部門では、半導体検出器を搭載した最新のPET/CT装置を導入し、腫瘍のFDG-PET検査に加え、健診部門の先端予防医療部MedCity21においてもFDG-PET健診を実施しています。

外来受付(地下1階)

中央放射線部受付(34番)
  • 単純撮影・透視検査・骨塩定量検査
  • CT検査・MRI検査
放射線治療科・IVR外来(35番)
  • 放射線治療、IVR診察
核医学科(36番)
  • 核医学検査、PET検査等

血管内手術・IVRセンター(4階)

頭・心臓・腹部等の血管造影検査、IVR、ステント挿入術等

主な検査機器・設備

  • MRI装置 4台 (Achieva 3.0T;1.5T、Ingenia 3.0T、Magnetom Vida)
  • CT装置 4台 (Aquilion ONE 2台、Sensation Cardiac64、LightSpeed VCT)
  • 血管造影撮影装置 2台 (Infinix Activ+Asteion、Artis zee BA Twin)
  • 心血管撮影装置 (Artis zee BC)
  • ハイブリッド血管撮影装置 (Allura Clarity FD20)
  • 高エネルギー放射線治療装置 2台(Elekta VersaHD、Elekta Synergy)
  • 腔内照射装置 (Microselectron HDR V3)
  • 放射線治療位置決めCT装置 (SOMATOM Confidence)
  • ガンマカメラ (ADAC Forte)
  • SPECT/CT装置 (BrightView X)
  • SPECT専用ガンマカメラ (GCA9300R)
  • PET/CT装置 2台(Biograph Vision、Biograph16)
  • 骨塩定量装置 1台 (QDR-4500A)
  • フラットパネル撮影装置 2台 (Digital DIAGNOST VR、TH)
  • カセッテ型フラットパネル撮影機器17枚 (Aero DR、CALNEO C)
  • コンピューテッドラジオグラフィ装置 6台 (FCR PROFECT、Speedia等)
  • FPD搭載多機能X線TV装置 3台 (SONIALVISION safireU、EXAVISTA等)
  • FPD搭載ポータブル撮影装置 4台 (MobileDaRt Evolution MX8)

認定資格等の取得状況

認 定 資 格 人 数
  医学物理士
 4名
  放射線治療専門技師
 1名
  核医学専門技師
 2名
  磁気共鳴(MR)専門技術者
 3名
  検診マンモグラフィ撮影認定技師
 7名
  血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師
 12名
  救急撮影認定技師
 3名
  医療情報技師
 3名
  X線CT専門技師
 4名
  肺がんCT検診認定技師
 2名
  放射線機器管理士
 4名
  放射線管理士
 4名

スタッフ紹介

補職
氏名
補職
氏名
部 長 三木 幸雄
副部長
澁谷 景子
保健主幹 市田 隆雄
保健副主幹
岸本 健治
 
  保健副主幹 山田 英司