診療科・部門アイコン

診療科・部門

中央放射線部

基本情報

業務内容

中央放射線部では、一般撮影検査(胸腹部撮影、各種骨撮影、乳房撮影など)、CT検査(ダイナミックCT、CTA、3DCTなど)、 MRI検査(MRA、MRCP、 MRエラストグラフィ、DTIなど)、透視造影検査(胃腸造影、腹部造影、泌尿器造影、関節造影など)、 血管造影検査(頭、心臓、肝臓、IVR、血管ステント挿入術など)、核医学検査(ラジオアイソトープを使用したシンチグラム、SPECT/CT、ポジトロン核種を用いたPET/CTなど)、 放射線治療(高エネルギー放射線治療、定位放射線治療、RALSなど)、骨塩定量検査を担当し各科への画像診断を支援し、 また治療も行っています。

特徴・特色

  • 最新診療装置(3TMR装置(3台)1.5T MR装置(1台)、64列・320列MDCT装置(計4台))を用いた高精度な画像診断を実施しています。
  • 世界初の肝血管閉塞術をはじめ、近年は最新IVR/CT装置を導入し、先進的なインターベンショナルラジオロジー(IVR)を実施しています。
  • 脳腫瘍やAVMに対して、リニアックを用いた高精度な定位放射線治療を実施しています。
  • 核医学部門では、半導体検出器を搭載した最新のPET/CT装置を導入し、腫瘍のFDG-PET検査に加え、健診部門の先端予防医療部MedCity21においてもFDG-PET健診を実施しています。

外来受付

中央放射線部受付(地下1階 34番)

  • 単純撮影、透視検査、骨塩定量検査
  • CT検査、MRI検査

放射線治療科、IVR外来(地下1階 35番)

  • 放射線治療、IVR診察

核医学科(地下1階 36番)

  • 核医学検査、PET検査等

血管内手術・IVRセンター(4階)

頭・心臓・腹部等の血管造影検査、IVR、ステント挿入術等

主な検査機器・設備

  • MRI装置 4台 (Achieva 3.0T ;1.5T、Ingenia 3.0T、Magnetom Vida)
  • CT装置 4台 (Aquilion ONE 2台、Sensation Cardiac64、LightSpeed VCT)
  • 血管造影撮影装置 2台 (Infinix Activ+Asteion、Artis zee BA Twin)
  • 心血管撮影装置 (Artis zee BC)
  • ハイブリッド血管撮影装置 (Allura Clarity FD20)
  • 高エネルギー放射線治療装置 2台(Elekta VersaHD、Elekta Synergy)
  • 腔内照射装置 (Microselectron HDR V3)
  • 放射線治療位置決めCT装置(SOMATOM Confidence)
  • ガンマカメラ (ADAC Forte)
  • SPECT/CT装置 (BrightView X)
  • SPECT専用ガンマカメラ (GCA9300R)
  • PET/CT装置  2台(Biograph Vision、Biograph16)
  • 骨塩定量装置 1台 (Horizon)
  • フラットパネル撮影装置 2台 (Digital DIAGNOST VR、TH)
  • カセッテ型フラットパネル撮影機器17枚 (Aero DR、 CALNEO C)
  • コンピューテッドラジオグラフィ装置 6台 (FCR PROFECT、Speedia等)
  • FPD搭載多機能X線TV装置 3台 (SONIALVISION safireⅡ、EXAVISTA等)
  • FPD搭載ポータブル撮影装置 5台 (MobileDaRt Evolution MX8)

認定資格等の取得状況

血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師 12名
X線CT認定技師 9名
検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師 10名
放射線取扱主任者1種 8名
放射線管理士 7名
医学物理士 4名
医療情報技師 4名
放射線機器管理士 2名
救急撮影認定技師 3名
磁気共鳴(MR)専門技術者 3名
核医学専門技師 2名
放射線治療専門放射線技師 2名
政府研究開発投資 1名
日本DMAT隊員 1名
医療経営士3級 1名
American Registory of RediologicTecnologist 1名
胃がんX線検診技術部門B資格 2名
胃がん検診専門技師 2名
肺がんCT検診認定技師 2名

スタッフ紹介

部長 三木 幸雄
副部長 澁谷 景子
保健主幹 市田 隆雄
保健副主幹 岸本 健治
保健副主幹 山田 英司