ホーム > 診療科・部門 > 耳鼻いんこう科

診療科のご紹介

耳鼻いんこう科

間取り図 耳鼻いんこう科では、耳・鼻・のどだけではなく、頸部全般の疾患に対する診断・治療にあたっています。聴覚・平衡感覚・嗅覚・味覚といった感覚の他、発声・摂食・嚥下・音声・言語などの機能を取り扱います。これらは人間が人間らしく生きる上で非常に重要な機能です。また、赤ちゃんから高齢者まで、一生を通じて患者様の生活に向き合います。

(診療科の特色)
鼓室形成術、頭頸部手術、内視鏡下副鼻腔手術など外科的治療を積極的に行うと共に、難聴・耳鳴・めまいなどの神経耳科、アレルギー性疾患や睡眠時無呼吸症候群などの多彩な疾患の診断と治療を行っております。
特に当科では、頭頸部腫瘍と神経耳科疾患の診断と治療に重点をおいて診療をしております。
(社会的ニーズ)
耳鼻いんこう科で扱う頭頸部がん(舌がん・喉頭がん・咽頭がんなど)は喫煙や飲酒の影響もあり、依然減少していません。また、食道がんや胃がん・肺がんなど、別の部位にもがんが合併する重複がんも増加しています。消化器外科・内科や呼吸器科、形成外科などといった他科とも連携して治療にあたっています。
めまい疾患はストレスが関与する疾患も多く、現在増加傾向にあります。薬物治療や理学療法、手術治療とともに、そのような心的因子に考慮して診療にあたっています。
高齢社会にともない難聴や耳鳴でお悩みの方が増えています。難聴は認知症のリスクになると近年報告されており、積極的に補聴器診療を行っております。
慢性中耳炎に対しては内視鏡下に手術を行うことにより低侵襲な治療を目指しています。
アレルギー性鼻炎の有病率は約60%とされています。アレルギー性鼻炎に対する根治治療としてダニおよびスギのアレルギーに対する舌下免疫療法を行っております。
(今後の展望)
頭頸部癌では年間約40例に根治手術を施行し、良好な成績を得ていますが、今後は低侵襲手術や導入化学療法などを積極的に行うことにより、根治拡大手術を回避し、機能を温存した根治治療を考えています。また画一的な治療をすべての患者様に行うのではなく、患者様それぞれの社会的背景や治療後の生活環境などを考慮して、医療者と患者様が一緒に治療方法を考えていく医療を目指しております。
めまい疾患に対しては、器質的な異常だけでなく心因的背景を考慮した治療を積極的に取り入れております。メニエール病の治療では難治の症例に対して、中耳加圧療法や手術など多岐にわたる治療を患者様の希望に応じてすすめていくことを目指しております。
遺伝性難聴に対する診断を積極的におこない、今後の治療の開発に寄与するように努めております。

診療(初診等)のポリシー

医療機関等からの依頼(診断・治療等)を基に専門的な検査・診断や治療を行っています。
受診する時には、依頼書(診療情報提供書<紹介状>、検査結果、画像検査等)が必要です。

外来受付

外来診察担当表へ
・受付場所・・耳鼻いんこう科
・診察受付・・9:00〜10:30
・診療時間・・9:00〜16:45
※初診のときは、外来診察担当表をご確認ください。

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
耳鼻いんこう科のホームページ:
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/jibika/

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
  角南 貴司子
 めまい・耳科手術
  阪本 浩一
 難聴・アレルギー疾患・小児耳鼻科・臨床遺伝学
  高野 さくらこ
 難聴
  大石 賢弥
 頭頸部癌・頭頸部腫瘍
  岡本 幸美
 睡眠時無呼吸
  横田 知衣子
 頭頸部癌・頭頸部腫瘍
  梶本 康幸
 耳鼻咽喉科全般

当科の得意分野

めまい疾患に対しては特殊内耳外来にてメニエール病、良性発作性頭位眩暈症を中心に各種めまい疾患に対し精査加療を行っています。良性発作性頭位めまいに対する浮遊耳石置換法や、メニエール病に対する中耳加圧療法、ゲンタマイシン鼓室内注入法、内リンパ嚢開放術を行っています。
慢性中耳炎に対しては内視鏡下に手術を行うことにより低侵襲な治療を目指しています。難聴に対しては鼓室形成術や補聴器に加え、高度の感音難聴に対しては人工内耳手術を行っています。
難聴や耳鳴に対しては補聴器を積極的に取り入れ治療を行っています。耳鳴でお悩みの患者様に対しては、サウンドジェネレータという耳鳴から意識をそらすためのノイズを発生させることができる機器(もしくはサウンドジェネレータ機能が付いた補聴器)を用いて、音響療法を行っています。
小児の機能性難聴、聴覚情報処理障害といった、一般耳鼻科では対応が困難な症状にも積極的に対応しています。
頭頸部がんの手術治療に際しては摘出部の欠損が起こることが多く、再建手術を形成外科や外科と連携して行っています。顕微鏡下に血管縫合し再建しており大変良い効果が得られております。しかし、頭頸部がんの治療後には、さまざまな機能障害が起こり生活の質が低下します。当科では低侵襲な経口内視鏡下手術を積極的に行っています。放射線治療においてもIMRTという周囲の組織に対する副作用を減らす照射方法を行っております。根治手術の適応であっても機能温存の希望がある場合は、導入化学療法を先に行うことで手術を回避することも可能なことがあります。がんが再発・転移した患者様に対しても、化学療法(抗がん剤)を行い、がん免疫療法も積極的に導入しております。
アレルギー性鼻炎に対しては、積極的に舌下免疫療法をおこなっています。重症の方に対しては、鼻中隔矯正術や下鼻甲介手術といった鼻閉改善手術や、後鼻神経切断術という鼻汁・くしゃみ症状の改善手術も行っています。
副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術は一般的に行われておりますが、鼻腔や副鼻腔にできる腫瘍(良性・悪性)もあり、当科ではこれらに対しても低侵襲な経鼻内視鏡手術を積極的に行っています。また、脳と接している部分の病変に対する頭蓋底外科手術を脳神経外科と連携して行っております。
以下は医療関係者向けの情報です

紹介のポイント

当科への受診に際しては、まず初診外来を受けていただき、その後必要に応じて専門外来を予約いたします。ただ、外来担当医全員がすべての耳鼻いんこう疾患の診療に携わっていますので、初診でご紹介いただく際も専門分野にかかわらずご相談ください。
初診は月曜日 阪本浩一(小児耳鼻咽喉科、遺伝性難聴など)、火曜日 角南貴司子(めまい、中耳疾患、側頭骨外科)、水曜日 大石賢弥/横田知衣子(頭頸部腫瘍)、木曜日 担当医、金曜日 高野さくらこ(難聴、神経耳科)が担当しております。
難聴、めまいでご紹介される場合、可能であれば聴力検査結果を同封ください。また、患者様にお薬手帳をご持参いただくようお願いいたします。

対象疾患

眼球、脳以外の頭頸部領域の疾患を対象としています。一般的な口腔咽頭疾患や鼻副鼻腔疾患に加え、頭頸部腫瘍に対しては外科的治療、化学療法、放射線療法を集学的に行っています。耳疾患では慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する手術を行っています。
主な対象疾患
 喉頭腫瘍
 真珠腫性中耳炎
 先天性難聴
 咽頭腫瘍
 滲出性中耳炎
 耳鳴症
 口腔腫瘍(舌腫瘍含む)
 耳小骨奇形
 顔面神経麻痺
 唾液腺腫瘍
 慢性化膿性中耳炎
 アレルギー性鼻炎
 鼻・副鼻腔腫瘍
 好酸球性中耳炎
 睡眠時無呼吸症候群
 メニエール病
 耳硬化症
 急性・慢性副鼻腔炎
 良性発作性頭位めまい
 突発性難聴
 言語発達遅滞
 前庭神経炎
 低音障害型感音難聴
 構音障害
治療方法
 頭頸部癌に対する
 放射線療法
 内リンパ嚢開放術
 内視鏡下鼻内手術
 頭頸部癌に対する
 化学療法
 鼓室形成術
 内視鏡下頭蓋底手術
 頭頸部癌に対する
 免疫療法
 鼓膜形成術
 アレルギー性鼻炎に
 対するレーザー手術
 喉頭全摘出術
 鼓膜チューブ留置術
 唾液腺腫瘍摘出術
 舌切除術
 顔面神経減荷術
 声帯ポリープ切除術
 上顎全摘出術
 内視鏡下耳科手術
 下鼻甲介切除術
 頭頸部再建手術
 耳鳴に対するTRT療法
 口蓋扁桃摘出術
 浮遊耳石置換法
 人工内耳埋込術
 音声言語療法
 ゲンタマイシン鼓室内注入法
 急性感音難聴に対する
 ステロイド療法
検査・診断方法
 電子内視鏡検査
 耳小骨筋反射検査
 味覚検査
 頸部超音波検査
 語音聴力検査
 アレルギー検査
 PET検査
 グリセロールテスト
 アプノモニター
 MRI検査
 内耳機能検査 
 穿刺吸引細胞診検査
 高分解能CT検査
 耳鳴検査  耳管機能検査
 核医学検査
 耳音響放射検査
 言語発達検査
 平衡機能検査
 聴性脳幹反応検査
 細菌培養同定・
 薬剤感受性検査
 純音聴力検査
 聴性定常反応検査ASSR
 補聴器適合検査
 ティンパノメトリー
 嗅覚検査
 

患者統計


認定施設

  • 日本耳鼻咽喉科学会