リンク アクセス お問い合わせ サイトマップ
センターについて
ホーム > 解説/Q&A > CRC(治験コーディネーター)とは

CRC(治験コーディネーター)とは

概要

 治験コーディネーター(または臨床研究コーディネーター)とは、治験に参加する患者さん(被験者)の人権や安全性を守り、科学性、信頼性の高い治験を円滑に進められるように管理・調整する専門スタッフのことです。
 CRC(clinical research coordinator)とも呼ばれ、患者さんにいつも安心して治験に参加して頂けるよう、病院内での調整役を担っています。

 治験コーディネーターは、実は様々な専門資格を持つスタッフがCRC業務として担当している職種です。
 患者様の様々な不安や悩みを解消し、最適な形で治験に参加していただくため、薬剤師、看護師、管理栄養士など、様々な職員が「医学・医療の発展」のためにCRCとして活躍してくれています。
 治験に関して分からないことや悩んでいることがあれば、CRCにお気軽にご相談いただき、十分納得できるまで話し合ってください。

≪CRC≫ 薬剤師、看護師、臨床検査技師、管理栄養士 他

当センターのCRCの構成

  • 当センターでは、薬剤師、看護師、臨床検査技師、管理栄養士などのスタッフがCRCとして治験実施のサポートをしています。

参考情報

CRCに関する解説、認定CRC制度に関する情報