ホーム > 広報 > 東日本大震災への取り組み > 震災復興支援ボランティア なにわすまいるず
なにわすまいるず

「なにわすまいるず」について

大阪の元気を、被災に届けよう!というコンセプトのもと集まった有志によるボランティアです。
大阪市大病院の教員・職員・学生・市民ボランティアなどで結成しました。
被災地への募金・支援物資活動や自由参加の『被災地応援企画』を展開しています。

「なにわすまいるず」のロゴマークは病院ボランティア『マーブルタウン』のメンバーで イラストレータでもある「あっちょ」こと三宅あすかさんのデザインです。
◆「なにわすまいるず」の代表、荒川哲男教授の消化器内科のHPでも活動報告を掲載しております。

ニュースレター

サムネイル
【 最新号 】
「なにわすまいるず」第06号 2013年10月/ダウンロード(PDF)
  • 2013年度の活動を紹介します。街頭での募金活動も始めました。

バックナンバー

サムネイル
第05号 2012年09月/ダウンロード(PDF)
  • 「近未来の大槌町再建に向けて羽ばたけ奨学金」
    大槌町の3名の奨学生が決まりました!
ライン
サムネイル
第04号 2012年02月/ダウンロード(PDF)
  • 第4号で報告しました「パティオ」の震災復興支援メニュー (1食につき200円を義援金)で集まった義援金を大槌町の子供たちの元気に繋げたいと考えています。
ライン
サムネイル
第03号 2011年08月/ダウンロード(PDF)
  • パティオに震災復興支援メニューが登場!
    事業課の協力で「なにわすまいるず」と病院の宝塚ホテル直営レストラン「パティオ」が手と手をつなぎました。
ライン
サムネイル
第02号 2011年06月/ダウンロード(PDF)
  • 「なにわすまいるず」のメンバーが大槌町を訪問してきました。聞き取り調査の報告書は以下をご覧下さい。
ライン
サムネイル
第01号 2011年04月/ダウンロード(PDF)
  • 教職員でボランティアチーム『なにわすまいるず』を結成し、支援物資を集める活動を行いました。