ホーム > 相談窓口 > 患者総合支援センター > 豊かな療養生活のために

豊かな療養生活のために

こんな市大病院であってほしい

平田先生 大阪市大病院はどんな病院でしょうか?
本当に皆様のお役に立っているのでしょうか?
納得のいく細かいケアができているでしょうか?
”患者思いのやさし病院にくることがききて良かった!”と思っていただけるように私どもは頑張ります。
院内には、皆様からのご意見やご要望などをお聞きする「ご意見箱」を設置いたしております。
病院内に備え付けのご意見箱に入れていただいたお声にできる限りお答えしていきます。  また、少しでも豊かな療養生活を送っていただくために、院内コンサートやワークショップ、クリスマスコンサート、七夕、マジックショーなど様々にイベントを行っております。
 これらは、病院ボランティアの皆様や、医学部学生、病院職員等が企画立案し、実施しています。
大阪市立大学医学部附属病院
副院長兼患者総合支援センター長 平田一人
皆様からのご意見と病院からの回答
皆様にご協力頂いたアンケートの結果
院内で開催するコンサートや催しもののご案内
さまざまな活動をボランティアさんが活躍