ホーム > 外来のご案内 > はじめにお読みください

はじめにお読みください

当院では、厚生労働省が定める「特定機能病院」として、急性期治療を中心に高度専門医療を必要とされる患者さまの診療を行っております。 また、その役割を果たすため、地域の医療機関と相互に協力・連携を推進しております。ご理解とご協力をお願いいたします。

初診の際、診療情報提供書(紹介状)が必要です

初診とは

初めて行く医療機関(病院や診療所)で受診する(診察を受ける)ことを一般的に初診といいます。
このほか、予約なしで1年以上受診していない場合、初診扱いとなります。
その場合も診療情報提供書(紹介状)が必要となります。

当院を受診される場合は、原則としてかかりつけ医など他の地域医療機関(病院や診療所)からの診療情報提供書(紹介状)が必要です。
ご自身の診療が円滑に行われるためにも診療情報提供書(紹介状)をご持参くださいますようお願いいたします。

どうすれば診療情報提供書(紹介状)を用意できるのか

まず、普段ご利用になられている診療所や病院などの医療機関(かかりつけ医)を受診していただき、医師の診察を受けてください。
その医師の判断や患者さんのご希望で、より高度で専門的な診断や治療が必要と認められれば、その医療機関が当院への診療情報提供書(紹介状)を作成します。
患者さまが、地域の医療機関から診療情報提供書(紹介状)をお預かりになられた際は、初診受付時にスタッフまでご提示ください。

■初診の際に必要なもの
 @診療情報提供書(紹介状)
 A健康保険証(医療受給者証)または医療券など
 B(お持ちの方は、)お薬手帳、画像データCDなど
診療情報提供書(紹介状)の作成について

一部の診療科では初診も含め完全予約制です

以下の診療科では、初診時もご予約が必要です。
当院をご利用になる前に、かかりつけ医などお近くの医療機関(診療所や病院)を受診していただき、 その医療機関にて当院のご予約をお取りくださいますようお願いします。 (医療機関から当院へ紹介いただく初診患者さんのご予約は、地域医療連絡室にて承ります。)

初診を含めて完全予約制の診療科

膠原病内科、   整形外科
慢性疲労外来、   神経内科
一部の専門外来は完全予約制です。外来診察担当表 をご覧ください。

選定療養費

診療情報提供書(紹介状)を持参せずに当院で診療を受けられる場合や、 予約なしで1年以上受診していない場合は、選定療養費をご負担いただくことになります。
選定療養費は、厚生労働省が定めたもので、 患者さんご本人の意思で一般の診療所や病院を経ずに特定機能病院を受診しようとする患者さんにご負担いただいております。
当院では、5,400円(助産は5,000円、再診時2,700円(助産は2,500円)(救急・公費の患者さんを除く)をご負担いただいております。 (平成28年4月1日現在)
予約なしで1年以上受診していない場合も同様です。
※一部の診療科では、完全紹介制を採用しており、診療情報提供書(紹介状)を持参されない患者さんはご希望の診療科を受診できない場合がありますので、あしからずご了承ください。

診察の順番待ちについて

当院では、予約制を採用している診療科が多く、その場合、原則として予約順に診察や検査を実施しています。
診療情報提供書(紹介状)やご予約の無い患者さんが外来診察や検査をご希望の場合、ご予約の上来院されておられる患者さんの診察や検査が終わるまで長時間お待ちいただく場合もございますので、予めご了承ください。

診断書・証明書が必要な方へ

診断書、証明書が必要な場合は、外来受診時に主治医又は看護職員、事務職員まで申し出てください。
診断書、証明書の発行には料金がかかり、内容・書式により金額が異なります。
(金額等の詳細につきましては予めお問い合わせください。)

「個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書」の発行について

当院では平成26年2月より、医療の透明化や診療を受けられる方への情報提供を積極的に推進していく観点から、領収書の発行と同時に個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を患者さまに無料で発行しております。(詳しくはこちら)