ホーム > NCDへの症例情報の提供について

NCDへの症例情報の提供について

平成23年1月1日より、日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化にする事業が行われることになりました。
関連する多くの臨床学会が連携し、一般社団法人 National Clinical Database(以下NCD)が設立されました。
医療の現状を把握し、より安全で質の高い医療を提供することを目的としています。

大阪市立大学医学部附属病院もNCDの事業に参加することになりました。
つきましては皆様にご理解頂きたい事柄を以下の資料(PDF)に まとめておりますのでご一読下さいます様お願い致します。
ライン
患者さん向け資料
患者さん向け資料/ダウンロード(PDF)
ライン
一般社団法人 National Clinical Database(NCD)のホームページでは事業の詳細や、倫理的配慮についての内容が掲載されています。 詳しい内容については以下のホームページをご覧下さい。