肝炎に関するQ&A

治療方法について

Q
B型肝炎と診断されたのですが治療方法を教えてください。
A
治療はインターフェロン(注射薬)と核酸アナログ製剤(内服薬)に大きく分けられます。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q
C型肝炎と診断されたのですが治療方法を教えてください。
A
インターフェロンを基本にした治療と飲み薬だけの「インターフェロンフリー」の治療に大きく分けられます。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q
以前C型肝炎でインターフェロン治療を受けたのですが治癒しませんでした。もう一度インターフェロン治療を受けることはできますか?
A
インターフェロンの副作用に耐えられなかった方、インターフェロンの効果が乏しかった方でも、「インターフェロンフリー」の治療で治癒する可能性は高いと言えます。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q
C型肝炎の治療は何歳まで受けられますか?
A
インターフェロンは種々の副作用がみられる治療ですが、「インターフェロンフリー」の治療はほとんど副作用がありませんので、他に病気がなく元気であれば高齢の患者さんでも治療が可能です。

費用について

Q
肝炎の治療って、いくらぐらいかかりますか?医療費負担を軽減する制度はありますか?
A
核酸アナログ、インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療いずれも健康保険で1〜3割の自己負担で治療を受けることができます。ただし特にインターフェロンフリー治療では1錠で数万円かかるものもありますので、さらに医療費助成制度があります。
詳細は大阪府の方はこちらをご参照ください。