肝硬変

診断

腹部超音波検査

肝硬変の最も簡便な診断方法は超音波検査である。肝臓表面の凹凸不整、肝辺縁の鈍化、右葉萎縮、左葉腫大や腹水などを調べます。

造影CT、造影MRI検査

H肝細胞がんの早期診断のために造影CT検査を実施します。ヨード造影剤アレルギーや腎機能低下が見られる場合は、造影MRI検査を行います。

治療

自覚症状のでない代償期と自覚症状のでる非代償期によって日常生活や食事療法に関する指導方法が異なります。
肝硬変