沿革


大正14(1925)年10月 市立市民病院(後に市立南市民病院と改称)開設
(篤志家 岸本吉右衛門氏の寄付と市費により大正14年 6月建設・阿倍野区旭町1丁目61番地)
昭和19(1944)年 4月 市立医学専門学校設立(北区西扇町12番地) 設立許可 S19.2.29
市立南市民病院を市立医専附属病院とする
昭和22(1947)年 7月 大学予科を設置 医科大学設置認可 S22.6.18
昭和23(1948)年 4月 市立医科大学開設 旧制 (附属病院は市立医科大学附属病院となる)
昭和24(1949)年 4月 市立医科大学附属厚生学院開設
昭和30(1955)年 4月 市立医科大学は市立大学に編入、医学部となる(編入にともない医学部附属病院、医学部厚生学院となる)
昭和31(1956)年 3月 附属病院北館竣工
昭和33(1958)年 4月 大学院医学研究科設置 設置許可 S31.3.31
昭和36(1961)年 2月 附属病院南館(ガンセンター)竣工
昭和42(1967)年11月 附属病院東館竣工
昭和45(1970)年 4月 附属病院研修医制度 発足
昭和45(1970)年 5月 附属病院研究医制度 発足
昭和49(1974)年 5月 附属病院内に金塚小学校養護学級開設
昭和52(1977)年 4月 医学部附属厚生学院を名称変更し医学部附属看護専門学校となる
昭和52(1977)年 9月 附属病院中央放射線部リニアック棟竣工
昭和52(1977)年12月 附属病院中央放射線部リニアック診療開始
昭和56(1981)年 4月 附属病院研修医 定員増
昭和60(1985)年 7月 附属病院が高度先進医療機関として認可される
附属病院泌尿器科にて腎結石破砕装置稼働
昭和61(1986)年 2月 附属病院にてCCU室 (冠疾患集中治療室) 稼動
昭和61(1986)年 7月 附属病院にてICU室 (集中治療室)稼動
昭和62(1987)年 8月 附属病院中央放射線部にて電磁波温熱療法開始
平成 2(1990)年 4月 附属病院に病理部設置
平成 4(1992)年10月 新附属病院竣工
平成 5(1993)年 4月 病院診療科として血液内科、老年科・神経内科、形成外科、総合診療科を新設し、20診療科となる
病院中央部門として救急部、集中治療部、冠疾患集中治療部、リハビリテーション部、内視鏡部、人工じん部、輸血部、医療情報部、中央病歴部、中央材料部、薬剤部、栄養部を設置
平成 5(1993)年 5月 附属病院研修医 定員増
附属病院本館・南館・北館・東館を順次解体し、現地にて建替え、新附属病院オープン
平成 5(1993)年 6月 附属病院前期・後期研究医制度 発足
平成 7(1995)年 6月 附属病院駐車場完成
平成 9(1997)年 2月 特定機能病院 厚生省承認
平成 9(1997)年 3月 「大阪府災害拠点病院」の指定を受ける
平成 9(1997)年 4月 心臓血管外科を新設 21診療科となる
医療研修センターオープン
平成12(2000)年 3月 看護専門学校閉校
平成12(2000)年 6月 病院中央部門として安全管理対策室の設置(H23 4月に医療安全管理部に名称変更)
平成15(2003)年 1月 臓器・疾患・機能別診療体制へ移行(外来のみ)31診療科となる
平成17(2005)年12月 医薬品・食品効能評価センター開設
平成18(2006)年 4月 大阪市立大学が公立大学法人 大阪市立大学となる
平成19(2007)年 4月 病院診療科を臓器・疾患別に改編、31診療科となる
平成19(2007)年 5月 病院中央部門として、化学療法センター、臨床工学部を設置
財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価(Ver.5.0)の認定病院として認定を受ける
平成20(2008)年 4月 厚生労働省より「DPC対象病院」の指定を受ける
平成20(2008)年 7月 大阪府より「肝疾患診療連携拠点病院」の指定を受ける
平成21(2009)年 2月 大阪市より「認知症疾患医療センター」の指定を受ける
平成21(2009)年 4月 大阪府より「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受ける
平成22(2010)年 2月 大阪府より「救命救急センター」の承認を受ける (4月稼働)
平成22(2010)年10月 大阪府より「地域周産期母子医療センター」の認定を受ける
平成23(2011)年 4月 病院中央部門として、患者総合支援センターを設置
平成24(2012)年 5月 公益財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価(Ver.6.0)の認定病院として更新認定を受ける
平成25(2013)年 4月 病院中央部門として、感染制御部を設置
病院診療科が32診療科となる
平成25(2013)年10月 造血幹細胞移植推進拠点病院に認定される
平成26(2014)年 3月 ハイブリッド手術室システムの本格稼働開始
平成26(2014)年 4月 公立大学法人として全国初の健診事業を行う施設である先端予防医療部附属クリニックMedCity21をあべのハルカス21階に開設
平成27(2015)年 2月 職業性胆管癌臨床・解析センターを開設
平成27(2015)年 4月 歯科・口腔外科を新設 33診療科となる
平成27(2015)年10月 感染症内科を新設 34診療科となる
平成28(2016)年 1月 リハビリテーション科を新設 35診療科となる
平成28(2016)年 4月 生活習慣病・糖尿病センターを糖尿病・代謝内科と内分泌内科に変更、病理診断科と臨床検査科を追加 38診療科となる
入退院支援センターを設置
平成29(2017)年 5月 公益財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価(3rdG:Ver.1.1)の認定病院として更新認定を受ける
ドクターカー稼働開始