ホーム > 診療科・部門 > 感染制御部

診療科のご紹介

感染制御部

業務内容

大阪市立大学医学部附属病院(以下「本院」という。)における感染防止対策の推進を行うために以下のような業務を行っています。また、近年では、連携する他の病院と地域における感染防止対策の推進にも取り組んでいます。

  • 感染防止対策に関する教育・研修
    院内感染防止対策の基本的な考え方や具体的な方策について病院の職員及び委託職員に対して研修を実施しています。
  • 感染発生の報告
    感染症法で規定されている感染症の発生が確認された場合は、大阪市保健所へ速やかに感染症患者発生届で報告を行っています。
  • 感染発生時の対応
    院内感染発生時には、まん延の防止と沈静化を図るために病原体に合わせた対策を講じる必要があるため、感染経路別のマニュアルに基づいて対処しています。
  • 感染の調査とその対策
    MRSAなど薬剤耐性を持った菌の検出調査を定期的に実施するとともに院内伝播が疑われる場合は、速やかに環境調査を実施し、現場の医療従事者と意見交換をしながら対策に取り組んでいます。
  • ICT(Infection Control Team:感染制御チーム)の活動
    医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師がチームで、週に1度、定期的に病棟、外来、中央部門へ出向き、衛生環境の調査や標準予防策の徹底状況などをチェックし、改善が必要な場合は現場の職員と協議して改善に繋げています。
  • 院内感染症コンサルト
    院内で発生した感染症の診療に関する相談を常時受けられる体制をとっています。相談があれば直接病棟に伺い、主治医に感染症の診断と治療のアドバイスを行っています。一度相談を受けた症例は、改善するまで経過をみていきます。
  • 院内における広報活動
    手指衛生、感染対策などのポスター作成、広報誌等の発行をしています。
  • 他の病院との連携活動
    本院と連携を図っている院内感染防止対策加算2を届けている病院(相原第二病院、大阪社会医療センター附属病院、阪和記念病院、山本第三病院、杏林記念病院、阪和住吉総合病院)と定期的に年4回、合同で感染制御に関するカンファレンス(協議会)を開催しています。また、必要に応じて、感染症の相談や訪問ICT活動なども実施し、地域における感染症防止対策にも取り組んでいます。

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
臨床感染制御学のホームページ:
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/infectioncontrol/

スタッフ紹介

補 職  氏 名
  部 長(教授・医師)
 掛屋 弘
  副部長(講師・医師)
 山田 康一
  専任医師(病院講師・医師)
 藤本 寛樹
  専任感染管理者(主査・看護師)
 藤田 明子
  専任感染管理者(看護師)
 岡田 恵代
  感染管理者(主査・薬剤師:兼務)
 中村 安孝
  感染管理者(臨床検査技師)
 中家 清隆
  主幹(薬剤師)
 中村 和徳 (兼任)
  医療安全・感染制御担当係長
 西野 広宣