ホーム > 診療科・部門 > 医療安全管理部

中央部門のご紹介

医療安全管理部

医療安全管理に関する基本的な考え方

大阪市立大学医学部附属病院(以下、「本院」という。)は、医学・医療の専門化・細分化が進む中で、最新かつ高度な医療を担う特定機能病院の役割を果たしながら、患者さんに最良の医療を提供していくためには、患者さんと病院従事者すべての安全の確保が最優先と考えています。そのため、本院においては、医療安全管理に関わり単に事後対策に終始するのではなく、積極的な対策をとるため、以下の体制をとっています。

  1. 本院の医療安全管理に関する方針を定め各部門への徹底をはかるため、病院の主要な教職員を構成員として医療安全協議会を設置するとともに、複雑多岐にわたる病院機構の中で迅速かつ適切な行動をとるため、医療安全管理部が設置されています。これら2つの組織は、車の両輪のごとくお互いに補いながら、本院の医療安全管理の推進のために、それぞれの機能を果たしています。
  2. 本院における医療安全管理に関わる院内報告制度の運用やリスクマネージャーの役割の規定等、医療安全管理にかかわる具体的な取組みは医療安全管理部を中心に行っていますが、すべての病院職員は、自らが積極的に事故防止に関わる意識を有し、感性を磨き、自発的な報告から情報の共有化をはかり、事故防止に繋げていく努力をしています。
  3. 事故の発生時には患者さんに対する説明を十分に行うように努めています。また、患者さんのプライバシーに配慮した取り扱いを心掛けています。
  4. 重大な事故の場合は、関係諸機関への必要な相談、連絡、届出を遅滞なく行うとともに事実を公表しています。
  5. 本院における医療安全管理については、施設管理の安全確保もあわせて推進しています。
  6. 本院の医療安全管理をより良いものとしていくため、絶えず見直しをはかっていくとともに、病院職員のみならず、外部者からの評価も取り入れています。

業務内容

●医療安全管理 リンク集

実績紹介

  • アニメーションによる「転倒撲滅シアター」DVD作成
    患者さんの転倒に対する危険意識を向上させること、遠慮せずにナースコールを押すという認識を持ってもらうことを目的としてアニメーション動画を制作しました。
    転倒撲滅シアター 転倒撲滅シアター 転倒撲滅シアター 転倒撲滅シアター
    転倒撲滅シアター
    (視聴はコチラをクリック・外部サイト(Youtube)へ移動します。)

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
  部 長
 仲谷 達也 (兼任)
  副部長
 山口 悦子
  顧 問
 溝端 康光 (兼任)
  顧 問
 新宅 治夫 (兼任)
  顧 問
 朴 勤植 (兼任)
  顧 問
 根来 伸夫 (兼任)
  顧 問
 絵本 正憲 (兼任)
  顧 問
 江原 省一 (兼任)
  顧 問
 松本 美知子 (兼任)
  専任安全管理者(主幹・薬剤師)
 中村 和徳
  専任安全管理者(主査・看護師)
 藤長 久美子
  主任・看護師
 岡村 尚枝
  薬剤師
 仲谷 薫
  医療安全・感染制御担当係長
 西野 広宣