ホーム > 診療科・部門 > 医療安全管理部 > 医療事故の公表

中央部門のご紹介

医療安全管理部

医療事故の公表

(1)事故の公表
公表は、病院運営の透明性の向上を図り、患者等及び市民に対する説明責務を全うし、もって医療における安全管理の向上を推進し医療事故を防止することを目的として行なう。

@公表の基準と方法
公表の対象とする医療事故及び方法は、別表のとおりとする。
なお、影響レベルが0〜2までのインシデント事例についても、公表が警鐘的意義を有すると認められる場合は、取りまとめてホームページ等で公表する。
また、年次別に医療事故の分類別・レベル別報告件数を年1回、ホームページで公表する。

A 公表の判断
前項@のいずれかに該当する場合、病院長は協議会の議を経て公表する。

B 患者・家族からの同意
報道機関等を通じての公表、またはホームページで公表する場合は、原則
として患者・家族から同意を得るものとする。

C 公表範囲とプライバシーの尊重
医療事故を公表する場合は、本院の個人情報保護方針に基づき、公表範囲は患者や家族のプライバシーを最大限に尊重し、人権の保護を遵守したものとする。さらに、公表の前には、その公表範囲について患者等と十分に協議することとする。

【公表の基準と方法】
医療事故の区分
公表方法
患者が死亡した場合
(レベル5)
但し、医療過誤と認められない場合を除く
可及的速やかに報道機関等を通じて公表する
患者に重篤で永続的な障害が生じた場合
(レベル4b)
但し、医療過誤と認められない場合を除く
可及的速やかに報道機関等を通じて公表する
患者に重篤な障害が生じたが、濃厚な処置・治療後に回復した場合
(レベル3b)
但し、医療過誤と認められない場合を除く
調査後、ホームページ等で公表する
但し、重大な過失が明らかな場合は、可及的速やかに報道機関等を通じて公表する
患者に重篤ではないが、永続的な障害が生じた場合
(レベル4a)
但し、医療過誤と認められない場合を除く
四半期ごとに取りまとめて、ホームページ等で公表する
但し、重大な過失が明らかな場合は、調査後ホームページ等で公表する
患者に重篤ではないが障害が生じ、処置・治療後に回復した場合
(レベル3a)
但し、医療過誤と認められない場合を除く
公表が警鐘的意義を有すると認められる場合は、四半期ごとに取りまとめて、ホームページ等で公表する
過誤は認められないが、患者に予期しなかったか、予期した以上の障害が生じた場合
(レベル3b〜5)
公表が警鐘的意義を有すると認められる場合は、四半期ごとに取りまとめて、ホームページ等で公表する
過誤は認められないが、患者に予期した範囲の障害が生じた場合
(レベル3b〜5)
公表が警鐘的意義を有すると認められる場合は、年度報告としてホームページ等で公表する

・医療事故調査委員会を開催した場合は、報告書のホームページでの掲載等により公表する。

(2)影響レベル
レベル0 エラーや医薬品・医療用具の不具合が見られたが、患者には実施されなかった
レベル1 患者への実害はなかった
(何らかの影響を与えた可能性は否定できない)
レベル2 処置や治療は行わなかった
(バイタルサイン軽度変化、観察強化・検査の必要性が生じた)
レベル3a 簡単な処置や治療を要した
(消毒、湿布、皮膚の縫合、鎮痛剤の投与など)
レベル3b 濃厚な処置や治療を要した
(バイタルサイン高度変化、呼吸器装着、手術、入院(延長)等)
レベル4a 永続的な障害や後遺症が残ったが、有意な機能障害や美容上の問題は伴わない
レベル4b 永続的な障害や後遺症が残り、有意な機能障害や美容上の問題を伴う
レベル5 死亡(原疾患の自然経過によるものを除く)

■医療事故報告件数(年間)