ホーム > 診療科・部門 > 内視鏡センター

中央部門のご紹介

内視鏡センター

業務内容

間取り図 内視鏡センターは、平成5年新病院設立時に開設され、以後大阪市で中心的な役割を果たしています。また、当院は特定機能病院として、先進医療推進と教育機関としての役割を担っており、消化器内科医師を中心とし内視鏡センター兼任医師2名、看護師14名、診療放射線技師1名、受付1名体制で運営を行っています。
全科からの依頼を受け、消化器内科を中心に4つの診療科別・臓器別グループの医師が、週間予定に基づいて各内視鏡検査・治療を施行しています。

受付

  • 受付場所・・内視鏡センター
  • 受付時間・・午前9時00分〜午前10時30分
  • 診療時間・・午前9時00分〜午後 4時45分

特徴・特色

消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)の内視鏡検査や治療は、消化器内科、内視鏡センターのスタッフを中心に内科と外科が協力して実施しています。 検査ではカプセル内視鏡(小腸・大腸)、バルーンアシスト小腸内視鏡や超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)の積極的に行っています。 治療では、最先端の機器を使用して消化管腫瘍に対する粘膜切除・粘膜下層剥離術、十二指腸乳頭切開術、消化管ステント術、消化管バルーン拡張術、食道静脈瘤硬化療法などを行っています。

医局のホームページ

消化器内科のホームページ
http://ocu-gastro.jp/

主な検査機器・設備

平成11年度に改築を行い検査室の個別化、導線の短縮、清潔・不潔区域の明確化、洗浄室の独立、換気システムの導入を行い、 ECG・血圧などのモニター設置、全ベッドの酸素配管、リカバリーベッドの設置、微調節可能な照明・音響設備の導入も行いました。

スタッフ紹介

補職
氏名
補職
氏名
内視鏡センター部長 藤原 靖弘
内視鏡センター副部長
永見 康明
看護師長 伊藤 正子