ホーム > 診療科・部門 > 救命救急センター

中央部門のご紹介

救命救急センター

診療体制

間取り図 大阪市立大学医学部附属病院救命救急センターは、大阪府の三次救急医療施設として、重症救急患者の急性期診療を行っています。 診療対象は、多発外傷、中毒、熱傷、脳卒中、心不全、呼吸不全などです。
このような多様な患者に対し、 救急医学を専門とする救命救急センタースタッフが中心となり、院内の専門診療科と連携をとりながら、24時間常に高度な救急医療を提供しています。
また、大阪市消防局へのメディカルコントロールや、一般市民への救急蘇生法の指導、災害医療など、 大阪市の救急・災害医療の充実のために様々な院外活動も行っています。

当施設は、重症救急患者を診療する施設であるため、治療を受ける患者は、 他の医療機関からの紹介や救急隊の判断によって救急搬送されてきます。一般の救急診療、時間外診療には対応していません。

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
救命救急センターのホームページ:
http://ocu-ccmc.jp/

得意とする診療内容

多発外傷、熱傷、多臓器不全、中毒など。

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
  溝端 康光
 救急医学、外傷医学、災害医学
  山村 仁
 救急医学、集中治療医学、外傷医学
  山本 啓雅
 救急医学、整形外科学
  晋山 直樹  救急医学、外傷外科
  加賀 慎一郎  救急医学、外科学
  金田 和久  救急医学、循環器内科学
  井代 愛  整形外科学
  内田 健一郎
 外傷外科学、心臓血管外科学
  山本 朋納  集中治療医学
  森岡 貴勢
 救急医学
  羽川 直宏
 救急医学、放射線医学
  武貞 博治
 救急医学科