ホーム > 診療科・部門 > 核医学科

診療科のご紹介

核医学科

間取り図
  • PETなど最新検査機器を用いた画像診断
  • 腎臓や呼吸機能など生体の機能情報を、肉眼的に・定量的に診断
  • 核医学治療
    ・甲状腺がん転移に対する放射性ヨード内用療法
    ・甲状腺機能亢進症に対する放射性ヨード内用療法
    ・がん骨移転による疼痛に対する
     ストロンチウム・89による疼痛緩和治療

診療(初診等)のポリシー

FDG-PET検査のご依頼は医療機関からは電話で予約が可能です。
(電話番号は地域医療連絡室06-6645-2877です。)
その他の検査・甲状腺放射性ヨード内用療法の受診は、医療機関等からの依頼(診断・治療等)を基に専門的な検査・診断や治療を行っています。受診する時には、依頼書(診療情報提供書<紹介状>、検査結果、レントゲンフィルム等)が必要です。

外来受付

外来診察担当表へ
・受付場所・・核医学科
・診察受付・・9:00〜10:30
・診療時間・・9:00〜16:45
※初診のときは、外来診察担当表をご確認ください。

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
核医学科のホームページ:
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/nucmed/#SlideFrame_1

RI非密封病棟に入院される患者さまへ

 7階のRI非密封病棟へ入院される患者さまのために、病棟施設の説明や入院時の注意事項をまとめたビデオを作成しました。
事前にご覧いただくことで、入院中のご心配やご不便の解消に役立てば幸いです。
 なお、ビデオの内容に関するお問い合わせは、担当の看護師または医師に直接お尋ねくださいますようお願い致します。

※ダウンロード(再生開始)に時間がかかります。

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
  河邉 讓治
 核医学診断・核医学治療
  東山 滋明
 核医学診断・核医学治療
  小谷 晃平
 核医学診断
  吉田 敦史
 核医学診断

対象疾患

FDG-PETは、ブドウ糖にF-18という放射性同位元素をつけたFDGを注射して検査します。 生体の細胞はすべてブドウ糖をエネルギー源にしていますが、がんはブドウ糖消費が盛んなため、FDGが多く取り込まれる原理を用いて診断します。 また、脳のてんかんの診断などにも用いられます。脳の血流動態を詳しくみることができるO-15脳血流PET検査も脳神経外科医師により行っています。

通常の核医学検査には、がんの診断に用いられる、ガリウムシンチ・タリウムシンチ、 骨転移の診断に用いられる骨シンチなどがありいずれも非侵襲的で安全な検査のため多用されています。 また、腎シンチ・甲状腺シンチ・肺シンチなど臓器の機能を安全に測定する検査も日常臨床には不可欠となっています。 心筋シンチは循環器内科医師によって施行されています。センチネルリンパ節シンチ、胃排出シンチなども保険外ですが行っております。

甲状腺放射性ヨード内用療法は、甲状腺癌のリンパ節転移・肺転移などに対する治療と甲状腺機能亢進症に対するものに別れます。 前者は入院となりますが後者は基本的には外来で行っています。(原則としてすべて紹介患者様のみを対象としています)

当科の得意分野

核医学検査一般(PET、骨シンチ、ガリウムシンチ、心筋シンチ、腎シンチなど)
甲状腺放射性ヨード内用療法(甲状腺癌転移巣や甲状腺機能亢進症に対する)
以下は医療関係者向けの情報です

患者統計