ホーム > 診療科・部門 > 神経内科

診療科のご紹介

神経内科

間取り図脳、脊髄、末梢神経、筋の疾患のうち、外科的処置を必要としない疾患を診療します。
また、脳卒中や認知症の専門外来も設置しています。

(当診療科で扱っている症状)
 ・手足の脱力・麻痺
 ・手足のふるえ
 ・手足の硬直感
 ・手足のしびれ、感覚障害
 ・めまい
 ・ふらつき、歩行障害
 ・飲み込みが悪い、むせる
 ・言葉のもつれ
 ・けいれん発作
 ・意識障害
 ・物忘れ、記憶障害
 ・物がだぶって見える(複視)・頭が痛い(頭痛)

(社会的ニーズ)
脳血管障害は現在、日本人の死因の第4位です。また介護が必要となった原因疾患の四分の一が脳血管障害です。急性期治療および慢性期再発予防は高齢化社会においてますます重要となってきています。
高齢化社会におけるもう一つの重要な問題が認知症です。その代表疾患であるアルツハイマー病の早期診断、早期治療が社会的に強く求められています。当科では認知症疾患センターとして認知症の早期診断や精神科と協力して周辺症状への対応に取り組んでいます。また、大阪市内唯一の大学病院として難病や希少疾患にも対応しています。

診療(初診等)のポリシー

初診は予約制となっています。紹介元の医療機関等から地域医療連絡室を通じてご予約をおとりください。
また医療機関からの緊急の依頼には24時間対応しています。

外来受付

外来診察担当表へ
・受付場所・・神経内科
・診察受付・・9:00〜10:30
・診療時間・・9:00〜16:45
※初診のときは、外来診察担当表をご確認ください。
神経内科一般および認知症の初診は、月から金の毎日です。(予約制)

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
神経内科のホームページ:
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/Neurology/

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
    伊藤 義彰
 神経内科一般・脳卒中
    安部 貴人
 神経内科・脳卒中
    蔦田 強司
 神経内科一般
    武田 景敏
 神経内科一般・認知症
    伊藤 和博
 神経内科一般
    竹内 潤
 神経内科一般・認知症
    小坂 理(非常勤)
 パーキンソン病
    安宅 鈴香(非常勤)
 認知症
    逢坂 麻由子(非常勤)
 遺伝性神経疾患
    水田 秀子(言語療法士)
 失語症

対象疾患

脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、もやもや病)、パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症、パーキンソン病症候群、小脳皮質萎縮症、 遺伝性小脳失調症、その他の脊髄小脳変性症、アルツハイマー病、レビー小体型認知症、前頭側頭葉型認知症、クロイツフェルトヤコブ病、その他認知症、重症筋無力症、 多発筋炎症、進行性筋ジストロフィー、その他ミオパチー、多発ニューロパチー、ギランバレー症候群、フィッシャー症候群、シャルコー・マリー・トゥース病、 緊張性頭痛、偏頭痛、群発性頭痛、髄膜炎、脳炎、肥厚性硬膜炎、進行麻痺、多発性硬化症、急性散在脳髄炎、進行性多巣性白質脳症、副腎白質ジストロフィー、 てんかん、筋萎縮性側策硬化症、痙性対麻痺、脊髄進行性筋萎縮症、ハチントン病、ウィルソン病、ミトコンドリア脳筋炎、その他遺伝性神経疾患、顔面神経麻痺、 動眼神経麻痺、滑車神経麻痺、外転軸神経麻痺、その他脳神経麻痺、顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙性斜頸、書痙、本態性振戦、周期性四肢麻痺、脊髄空洞症、平山病、三叉神経麻痛

当科の得意分野

脳血管障害の急性期から慢性期にかけての診療を行います。
PET(アミロイドイーメジング)、脳血流測定、MRI、神経心理検査、血液・髄液検査などを利用した認知症の早期診断では先端的診療を行っています。
また、認知症の治療について治験解発、臨床応用を行っています。

専門外来のご案内

◆脳卒中外来
  担 当 医 : 伊藤 義彰 安部 貴人
  診 察 日 : 火曜日、水曜日
  診療時間 : 午前9時から

上記の専門外来につきましては地域医療連絡室を通してご紹介ください。

◆パーキンソン外来(再診のみ)
  担 当 医 : 小坂 理
  診 察 日 : 木曜日
  診療時間 : 午前9時30分から

◆物忘れ外来
  担 当 医 : 安宅 鈴香
  診 察 日 : 火曜日
  診療時間 : 午後13時30分から

◆遺伝疾患外来
  担 当 医 : 逢坂 麻由子
  診 察 日 : 木曜日
  診療時間 : 午後13時30分から

◆失語症外来
  担 当 医 : 竹田 景敏、水田 秀子
  診 察 日 : 木曜日
  診療時間 : 午後13時30分から

以下は医療関係者向けの情報です

治療実績・理念等

平成27年より「神経内科」に診療科名を変更しました。
引き続き高齢化社会に多い認知症、脳血管障害、パーキンソン病、神経免疫疾患、神経筋疾患の診療を集中的に診療するのと同時に、若年・中年期に多い頭痛、てんかん、多発性硬化症などの疾患も幅広く診療しています。
最先端の分野での医療に加え、幅広く神経内科疾患を診療することで積極的に地域に貢献していくことを目標としています。

認定施設

  • 日本神経学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本内科学会
  • 日本認知症学会