ホーム > 診療科・部門 > 心臓血管外科

診療科のご紹介

心臓血管外科

間取り図心臓血管外科全般にわたる外科治療を行っています。冠動脈バイパス術、弁膜症手術、大血管、末梢血管手術など年間200例以上の手術を行っています。
(診療科の特色)
後天性心疾患(狭心症、弁膜症)、大動脈疾患、末梢血管疾患、先天性心疾患など心臓血管外科疾患全般にわたる外科治療をおこなっています。 年間の手術数は心臓大血管手術数が160例前後、末梢血管外科症例が50例前後です。この内で狭心症に対する冠動脈バイパス術を最も多くおこなっています。 また、僧帽弁閉鎖不全症に対する手術では9割以上において人工弁を使用しない僧帽弁形成術をおこなっています。 血管外科では胸部大動脈瘤では脳分離体外循環を用いた弓部大動脈瘤手術をおこない脳合併症の軽減につとめています。 腹部大動脈瘤症例では状況に応じて開腹しない手術(ステントグラフト治療)を放射線科と共同でおこなっています。 最近増加している末梢血管閉塞症(ASO)に対しても積極的にバイパス手術をおこなっています。
(社会的ニーズ)
医療事故が頻発している現在、当心臓血管外科では安全で確実な手術をモットーにしています。また、急激に進行する社会の高齢化に伴い、 高齢者の手術件数が増加していますが、高齢の患者さんの重症度・全身状態を考慮した手術を行っています。
(今後の展望)
冠動脈バイパスでは人工心肺を使用しない心拍動下冠動脈バイパス術を積極的に行い、高齢者や重篤な合併症を有する症例でも良好な手術成績を残しています。 また、重篤な合併症を有する胸部大動脈瘤では放射線科と共同でステントグラフト挿入術を導入し良好な成績を治めています。 平成26年3月には新たに最新の透視装置を備えた「ハイブリッド手術室」を開設し、より高度な動脈瘤治療を行うことが可能となりました。

診療(初診等)のポリシー

医療機関等からの依頼(診断・治療等)を基に専門的な検査・診断や治療を行っています。 受診する時には、依頼書(診療情報提供書<紹介状>、検査結果、レントゲンフィルム等)が必要です。

外来受付

外来診察担当表へ
・受付場所・・第2外科 (TEL 06-6645-2351)
・診察受付・・9:00〜10:30
・診療時間・・9:00〜16:45
※初診のときは、外来診察担当表をご確認ください。
※ただし、受診される日が休診や手術などにより、お待ちいただくことがありますのであらかじめお電話でお確かめください。

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
心臓血管外科のホームページ:
http://osaka-cu-surg2.jp/

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
 柴田 利彦
 心臓外科全般、血管外科全般
 村上 貴志
 心臓外科全般、血管外科全般
 藤井 弘通
 心臓外科全般、血管外科全般
 高橋 洋介
 心臓外科全般、血管外科全般
 森崎 晃正
 心臓外科全般、血管外科全般

当科の得意分野

心臓外科では狭心症に対する冠動脈バイパス術を多く行っています。弁膜症手術では僧帽弁閉鎖不全に対する手術では9割以上において人工弁を使用しない弁形成手術を行っています。血管外科では胸部大動脈瘤手術では脳分離体外循環を用いた弓部大動脈置換手術を行い脳合併症の軽減に努めています。腹部大動脈症例では状況に応じて開腹しない手術(ステントグラフト治療)を放射線科と共同で行っています。最近増加している末梢血管閉塞疾患に対しても積極的にバイパス手術を行っています。 平成26年3月には新たに最新の透視装置を備えた「ハイブリッド手術室」を開設し、より高度な動脈瘤治療を行うことが可能となりました。

その他

当科では、「感染性心内膜炎における至適手術時期に関する多施設共同後ろ向き研究」の調査研究に参加しています。<詳細はこちら→ 患者さんへ(PDF)
以下は医療関係者向けの情報です

紹介のポイント

月曜日から木曜日の外来診察を行っています。金曜日はご紹介状をお持ちの場合は初診担当医が診察にあたっております。
最近では、高齢者や多くの合併症をお持ちの場合が多くなってきましたが、このような患者さまにも高度医療を行う施設として積極的に外科治療を行う方針であたっています。気軽にご相談いただければ幸いです。

対象疾患

後天性心疾患(狭心症、弁膜症)、大動脈疾患、末梢血管疾患、先天性心疾患など心臓血管疾患全般にわたる外科治療を行っています。
安全で確実な手術をモットーに、それぞれの重症度・全身状態を考慮した手術を行っています。
また、人工心肺を使用しない心拍動下冠動脈バイパス術、人工弁を使用しない僧帽弁形成術、 大動脈瘤に対するステントグラフト治療など高度な技術に取り組んでいます。

主な対象疾患
 狭心症
 三尖弁閉鎖不全症
 胸部大動脈瘤
 急性心筋梗塞
 心臓腫瘍
 腹部大動脈瘤
 心室瘤
 心房中隔欠損症
 閉塞性動脈硬化症
 大動脈弁狭窄症
 心室中隔欠損症
 急性動脈閉塞症
 大動脈弁閉鎖不全症
 動脈管開存症
 深部静脈血栓症
 僧帽弁狭窄症
 収縮性心膜炎
 下肢静脈瘤
 僧帽弁閉鎖不全症
 肺動脈血栓症
 心房細動
治療方法
 冠動脈バイパス手術
 心房中隔欠損閉鎖術
 腹部大動脈人工血管置換術
 心拍動下冠動脈バイパス術
 動脈管切離術
 人工血管バイパス術
 人工弁置換術
 肺動脈血栓除去術
 動脈血栓除去術
 弁形成術
 心膜切除術
 静脈血栓除去術
 心室瘤形成術(Dor手術)
 大動脈基部再建術
 ステントグラフト治療
 MAZE手術
 弓部大動脈人工血管置換術
 
 心臓腫瘍摘出術
 下行大動脈人工血管置換術
 
検査・診断方法
 経胸壁心臓超音波検査
 経食道心臓超音波検査
                  

患者統計


認定施設

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会