ホーム > 診療科・部門 > 神経精神科

診療科のご紹介

神経精神科

間取り図大学病院にある神経精神科として、先進医療の提供に取り組んでおります。
また地域の精神病院、診療所と連携し役割分担を行い、身体合併症を有する精神障害の治療を優先的に行っています。
精神科全般にわたる疾患について、薬物と精神療法を中心とした治療を行っております。

診療(初診等)のポリシー

主に専門医療を中心とした診療を行っています。
他院に通院中の場合は、原則、紹介状が必要です。

外来受付

外来診察担当表へ
・受付場所・・・・・・・神経精神科
・初診受付・・・・・・・9:00〜10:30
・診療時間・・・・・・・9:00〜12:00
・電話問い合わせ時間・・14:00〜16:00
※初診のときは、外来診察担当表をご確認ください。
児童期精神障害(初診予約制)、摂食障害(初診予約制)およびネット・スマホ依存症、認知症の初診は、専門医師が対応いたします。
専門医の不在日もございますので、事前に神経精神科外来に電話でお問い合わせください。

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
神経精神科のホームページ:
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/neuropsy/

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
  井上 幸紀
 産業精神医学、うつ病、不安症、(精神疾患全般)
  岩崎 進一
 産業精神医学、(精神疾患全般)
  宮脇 大
 児童精神医学(児童期の不安症、強迫症、摂食障害、うつ病、
 双極性障害、統合失調症、自閉スペクトラム症、ADHD、チック、
 学校や家庭における対人関係の悩みや行動上の問題、
 抜毛などの習癖やゲームやスマホ等の生活習慣に関する悩みなど)
  片上 素久
 ネット・スマホ依存症、(精神疾患全般)
  山内 常生
 摂食障害、産業精神医学、(精神疾患全般)
  松田 泰範
 認知症、精神腫瘍学、(精神疾患全般)
  出口 裕彦
 産業精神医学、うつ病、双極性障害、(精神疾患全般)
  内田 健太郎
 認知症、(精神疾患全般)
  原田 朋子
 摂食障害、(精神疾患全般)
  児玉 祐也
 摂食障害、(精神疾患全般)

当科の得意分野

仕事のストレスが関連するうつ病などの治療では、精神療法や薬物療法に加えて、職場との連携・介入等の環境調整に実績があります。
児童期精神障害の治療では、自閉スペクトラム症などの精神発達上の特徴や児童・思春期の心理特性をふまえた診断と治療を行っております。
ネット・スマホ依存症は、近年注目されていますが、当科はその診断や治療を行っている数少ない医療機関です。
摂食障害に関しては、外来診療に加えて必要に応じて入院治療を行っています。拒食や過食などの食行動の問題とそれに影響している心理的な問題に対して治療を行っています。
認知症の診療では、詳細な心理検査やMRIやSPECT、心筋シンチグラフィなどの診断医療機器を用いて鑑別を行い、物忘れや認知症に伴う精神障害に対する治療を行っています。

専門外来のご案内

児童(月・金)、摂食障害(火・木・金:午後)、もの忘れ外来(火・木・金:午後)の専門外来での診療に関しては、担当医師が判断させていただきます。
どの専門外来も多くの患者さまが受診されていますので、お待ちいただかないといけない可能性があります。
以下は医療関係者向けの情報です

紹介のポイント

認知症、児童(小〜中学生)、摂食障害などの専門外来があります。その他、統合失調症、躁うつ病、うつ病、老年期精神障害、身体疾患に伴う精神障害、職場不適応や職場に関係して生じる精神障害全般にわたり、広い範囲での診察を行っています。
さらに精神障害者の身体合併症の治療を可能な限り受け入れています。初診は毎日受け付けていますが原則として紹介状が必要になります。
また、児童期精神障害、摂食障害の初診は完全予約制になっておりますので、事前に神経精神科外来までお問い合わせいただくか、患者様にその旨をご案内ください。

対象疾患

神経精神医学全般の外来および入院加療を行います。午前中は初診患者の診察を含め全般的な外来診療を行い、午後にはもの忘れ外来、児童期精神障害、摂食障害などの専門外来診療を完全予約制で行っております。

主な対象疾患
 うつ病
 認知症
 児童期精神障害(小〜中学生)
 躁うつ病
 統合失調症
 インターネット依存症
 不安障害
 摂食障害
 
治療方法
 薬物療法
 支持的精神療法
 認知療法
 行動療法
 電気けいれん療法
 森田療法
検査・診断方法
 MRI
 脳波
 SPECT
 CT
 心理テスト
 PET

患者統計