ホーム > 診療科・部門 > 腎臓内科

診療科のご紹介

腎臓内科

間取り図超音波補助下経皮的腎生検は年間約100例。免疫染色および電子顕微鏡検索による病理診断。ステロイドやシクロスポリンなどの免疫抑制療法。IgA腎症に対する扁桃摘出術・ステロイドパルス療法。 血漿交換療法。慢性腎臓病(CKD)、糖尿病性腎臓病(DKD)の集約的治療。血液透析導入。常染色体優性多発性嚢胞腎に対するトルバプタン治療。

(診療科の特色)
全ての腎臓病を対象とする内科です。 健診を含めて血尿・蛋白尿を指摘された方に検査を行い(蓄尿検査、血液検査、超音波検査など)、鑑別診断を行います。慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群疑いでは、入院の上、腎生検を施行し、病理的に確定診断いたします。診断後、IgA腎症、微小変化型ネフローゼ症候群、巣状分節性糸球体硬化症、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、急速進行性糸球体腎炎、二次性糸球体疾患などに対して、ステロイドやシクロスポリンなどの免疫抑制療法を行います。IgA腎症に対しては、扁桃摘出術・ステロイドパルス療法を行い、実績をあげています。
腎機能低下を示すCKD・DKD対策にも力を入れています。腎機能を保持するため、食事療法(栄養指導)を中心に、血圧、血糖、脂質などの代謝異常の改善、腎性貧血、CKDに伴う骨ミネラル代謝異常(CKD-MBD)、電解質異常、アシドーシスなどの是正にも取り組んでいます。
CKD、DKDの進展した腎代替療法の必要な症例に対しては、当院・人工腎部と協力し透析導入を行っています。また、適応のある症例は腎移植の選択も可能であり、当院・泌尿器科への紹介も行っています。当院・泌尿器科と連携し、腎移植後のドナー、レシピエントの管理も行っています。
当科の特色として専門外来を設けています。
糖尿病腎症・DKDに対しては、糖尿病センターと協力し「透析予防外来(腎症進行予防外来)」で専任の看護師、栄養士、医師からなるチーム医療を実践しています。
また「常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)専門外来」では、専任の医師がトルバプタン治療を含めた管理を行っています。

(社会的ニーズ)
腎炎・ネフローゼ症候群に対する腎生検による確定診断、ステロイドを中心とした免疫抑制療法は専門性が高く、当科に最も求められている分野です。一方、我が国で1330万ともいわれるCKD対策にも注目が集まっています。CKDの原疾患のうち透析導入の第一位である糖尿病腎症・DKDの克服は、医療のみでなく社会的にも重要な課題となっています。また、従来、治療薬のなかったADPKDに対してもトルバプタンが適応となり期待されています。

(今後の展望)
腎炎・ネフローゼ症候群に対して専門的な診断・治療を行い、さらなる予後改善に努めます。また、CKD、DKDに対しても腎臓内科的なアプローチで、一人でも多くの方を透析導入から阻止します。
ADPKDの最新治療を実践し、情報提供も行います。

診療(初診等)のポリシー

医療機関等からの依頼(診断・治療等)を基に専門的な検査・診断や治療を行っています。受診する時には、依頼書(診療情報提供書〈紹介状〉、検査結果、レントゲンフィルム等)が必要です。

外来受付

外来診察担当表へ
・受付場所・・第2内科
・診察受付・・9:00〜10:30
・診療時間・・9:00〜16:45
※初診のときは、外来診察担当表をご確認ください。

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
腎臓内科のホームページ:
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/interm2/

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
森  克仁
 糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、腎不全
津田 昌宏
 糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、腎不全
仲谷 慎也
 糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、ADPKD

当科の得意分野

腎炎・ネフローゼ症候群患者の腎生検と病理診断
ステロイド治療
難治性ネフローゼ症候群に対するシクロスポリン治療などの免疫抑制療法
IgA腎症に対する扁桃摘出術・ステロイドパルス治療
難治性腎炎に対する血漿交換療法
CKDの代謝異常・腎性貧血などの治療
糖尿病腎症・DKDの治療(糖尿病専門医と連携)
血液透析導入(人工腎部と連携)
ADPKDに対するトルバプタン療法
以下は医療関係者向けの情報です

紹介のポイント

(早期発見のためのポイント)
腎臓病は早期の発見、早期の対策が重要です。健診などで、検尿異常(蛋白尿、血尿)、あるいは推算糸球体濾過量(eGFR)の値が60未満であれば、お近くの医療機関を受診してください。精査の必要、あるいは、ご希望があれば、診療情報提供書を準備いただき、当科を受診してください。高血圧や糖尿病で検尿異常(特にアルブミン尿)やeGFR低下のある方は、当科への専門診受診も考慮してください。浮腫(むくみ)は、腎臓病の重篤な症状ですので、腎機能をチェックしてもらい、早急に当科を受診してください。 ADPKDは遺伝性疾患ですので、家族歴のある方はご紹介下さい。

治療実績・理念等

超音波補助下の経皮的腎生検を年間約100例行っており、その全例に免疫染色診断、症例によっては電子顕微鏡診断も行っています。ステロイド治療(パルス治療を含む)、シクロスポリン治療などの免疫抑制療法に習熟しています。 近年注目されている、IgA腎症の扁桃摘出術とステロイドパルス療法については、耳鼻咽喉科と協力して積極的に取り組んでおり、良好な治療効果をみています。難治性のANCA関連腎炎やループス腎炎に対しては、ステロイド治療に加え、血漿交換療法も行っています。 CKD症例では、特に、DKD症例を数多く診療しています。DKDの血糖管理と同時に食事療法を含む生活習慣改善に加え、適切な薬物療法で腎保護に努めています。 CKD進展症例に対しては、適切なタイミングでブラッドアクセス(主に内シャント)を造設し、円滑な透析導入を行っています。透析導入は、当院の人工腎部や関連病院と協力の上で、年間約50例行っています。 ADPKDに対するトルバプタンの治療を専門医が積極的に行っております。

対象疾患

主な対象疾患
 慢性腎臓病 (CKD)
 IgA腎症
 間質性腎炎
 糖尿病腎症・糖尿病性腎臓病 (DKD)
 IgA血管炎
 急性腎障害
 常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)
 膜性腎症
 ループス腎炎
 微小変化型ネフローゼ症候群
 膜性増殖性糸球体腎炎
 アミロイドーシス
 巣状分節性糸球体硬化症
 急速進行性糸球体腎炎
 末期腎不全
治療方法
 ステロイドなどの免疫抑制療法
 血液透析
 トルバプタン
 口蓋扁桃摘出術+ステロイド療法
 血漿交換療法
 
検査・診断方法
 腎生検
 免疫染色診断
 動脈硬化検査
 電子顕微鏡診断
 腎血流ドプラー超音波法
 骨塩量定量

患者統計


認定施設

  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本リウマチ学会