ホーム > 診療科・部門 > 腎臓内科

診療科のご紹介

腎臓内科

間取り図エコーガイド下腎生検年間約100例。電子顕微鏡検索・免疫染色による正確診断。ステロイドやシクロスポリンの厳密治療。IgA腎症に対する扁桃摘出術・ステロイドパルス治療。
血漿交換療法。保存期腎不全の進行防止の治療。血液透析導入。

(診療科の特色)
腎臓病を診断し治療する内科です。 健診で血尿・蛋白尿を指摘されたら外来で精密検査を行い(一日蓄尿検査、血液検査、エコー検査など)、腎炎かどうか鑑別します。
糸球体腎炎やネフローゼ症候群の治療は、入院のうえ腎生検を行います。
IgA腎症、微小変化型ネフローゼ症候群、膜性腎症、巣状糸球体硬化症、急速糸球体腎炎、二次性糸球体疾患など腎生検で正確な病理診断をします(光学顕微鏡検索・電子顕微鏡検索・免疫染色)。
腎生検診断に基づき、ステロイドやシクロスポリン治療の厳密治療を行います。
近年、IgA腎症に対する扁桃摘出術・ステロイドパルス治療を行い、実績をあげています。
腎機能低下を示す慢性腎不全患者の検査と治療も重要な診療分野です。腎不全の進行を防ぐ効果的な降圧治療、減塩・減蛋白食指導、腎不全における代謝合併症(貧血、電解質異常など)の治療にあたっています。
慢性腎不全が進行した方には当院の人工腎部と協力し、安定した維持透析導入を行っています。腎不全治療における当科の特色は、多くの糖尿病性腎症腎不全の患者さまを糖尿病専門医と協力して総合的に診療していることです。

(社会的ニーズ)
腎炎・ネフローゼ症候群患者の腎生検と病理診断。ステロイド治療。難治性ネフローゼ症候群にたいするシクロスポリン治療。IgA腎症に対する扁桃摘出術・ステロイドパスル治療。難治性腎炎に対する血症交換療法。保存期腎不全の代謝異常の治療。糖尿病性腎症・腎不全の治療(糖尿病専門医とともに積極的にインスリン治療を行います)。血液透析導入。

(今後の展望)
腎炎・ネフローゼ症候群の完治、IgA腎症の完治を限りなく追及します。腎不全の進行防止の総合治療を行います。

診療(初診等)のポリシー

医療機関等からの依頼(診断・治療等)を基に専門的な検査・診断や治療を行っています。受診する時には、依頼書(診療情報提供書〈紹介状〉、検査結果、レントゲンフィルム等)が必要です。

外来受付

外来診察担当表へ
・受付場所・・第2内科
・診察受付・・9:00〜10:30
・診療時間・・9:00〜16:45
※初診のときは、外来診察担当表をご確認ください。

医局のホームページ

医局のサイトトップページ画像
腎臓内科のホームページ:
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/interm2/

スタッフ紹介

氏 名  専門分野・担当
森  克仁
 糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、腎不全
津田 昌宏
 糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、腎不全
仲谷 慎也
 糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、ADPKD

当科の得意分野

腎炎・ネフローゼ症候群患者の腎生検と病理診断。
ステロイド治療。
難治性ネフローゼ症候群にたいするシクロスポリン治療。
IgA腎症に対する扁桃摘出術・ステロイドパルス治療。
難治性腎炎に対する血症交換療法。
保存期腎不全の代謝異常の治療。
糖尿病性腎症・腎不全の治療(糖尿病専門医とともに積極的にインスリン治療を行います)。
血液透析導入。
以下は医療関係者向けの情報です

紹介のポイント

(早期発見のためのポイント)
腎臓の病気の早期発見は検尿異常です。
健診で蛋白尿や血尿を指摘されたら、すぐ近くの医院に受診して検尿の再検と血液検査を受けてください。その上で当科に紹介状を持って受診してください。
浮腫(むくみ)は、腎臓病の重篤な症状ですので、少しでも浮腫があったら早急に当科を受診してください。高血圧症で蛋白尿の出ている方は、必ず腎機能検査を受けてください。また、糖尿病の方は必ず、尿中アルブミン測定を受けてください。いずれの場合も腎障害の早期発見により、腎障害の進行防止のみでなく、完治が可能です。

治療実績・理念等

エコーガイド下の経皮的腎生検を年間約100例行っており、その全例に電子顕微鏡診断と免疫染色診断を行っています。腎生検針は当科で主導的に開発に関与した専用の生検針を用いていますので、術後出血の合併症は極めて少なくなっています。
ステロイド治療(パルス治療を含む)、シクロスポリン治療に習熟していますので、ステロイド治療の副作用はほとんどありません。
近年注目されている、IgA腎症の扁桃摘出術ステロイドパルス治療については、耳鼻咽喉科と協力して、積極的に取り組んでおり、極めて良好な治療効果をみています。難治性のANCA関連腎炎やループス腎炎では、ステロイド治療や血漿交換療法を行っています。
慢性腎不全患者では、糖尿病腎不全の患者さまを多く診療しています。糖尿病腎不全患者でのインスリン治療を積極的に行い、インスリン治療が腎不全進行防止効果を持つことを示しました。
慢性腎不全が進行した際には外来通院中に内シャント作成をし、円滑な安定した維持透析導入をスムーズに行っています。透析導入は、当院の人工腎部や関連病院と協力の上で、年間約50例行っています。

対象疾患

主な対象疾患
 ネフローゼ症候群
 急性糸球体腎炎
 多発性嚢胞腎
 IgA腎症
 巣状糸球体硬化症
 慢性腎不全
 膜性腎症
 糖尿病性腎症
 間質性腎炎
 膜性増殖性糸球体腎炎
 ループス腎炎
 紫斑病性腎炎
 急速進行性糸球体腎炎
 アミロイド腎
 血液透析導入
治療方法
 ステロイド治療
 扁桃摘出+ステロイド治療
 免疫抑制剤治療
 血漿交換療法
 シクロスポリン治療
 血液透析
 
検査・診断方法
 腎生検
 免疫染色診断
 動脈硬化検査
 電子顕微鏡診断
 腎血流ドプラー超音波法
 骨塩量定量

患者統計


認定施設

  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本リウマチ学会