ホーム > 相談窓口

相談窓口について

市大病院では患者さんとそのご家族の治療上の不安や悩みに対応するために[患者総合支援センター]を設置しています。
 専任の看護師や医療ソシャールワーカーが皆様のお話を伺い、問題解決のお手伝いをさせていただきます。
詳しくは[患者総合支援センター]のページをご覧下さい。

主な療養生活支援内容

 相談支援
  不安やお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

  • 受診科相談         : 初診の時の受診科案内等、かかりつけ医に関すること
  • 医療・疾病相談(1階@番窓口): 疾病に関する医学的な質問、生活上および入院上の不安等に関する相談
  • 制度・費用相談(1階A番窓口): 医療費や保険制度、福祉・介護サービスに関する相談

 がん相談・セカンドオピニオン
  当院は地域がん診療拠点病院に指定されています。

  • がん相談 : 専任の相談員が、がん相談支援センターとしてがんに関する情報提供を行うと共に、 療養上の不安や問題について一緒に考え、課題解決のお手伝いをさせていただきます。
    地域がん診療連携拠点病院とは
  • セカンドオピニオンについてのご相談や申し込みに対応しています。

 肝疾患相談支援センター
  当院は、平成20年7月10日に「大阪府肝疾患診療連携拠点病院」に指定されています。

皆さまからの、下記の質問や相談をお受けします。
  • 肝疾患診療に係る一般的な医療情報の提供
  • 府内の肝疾患に関する専門医療機関の紹介
  • 医療従事者や地域住民を対象とした研修会や講演会の開催 → セミナー・イベント情報

 認知症に関する専門医療相談
  当院は大阪市より認知症疾患医療センターに指定されています。

ご本人、ご家族から認知症に関してお困りになっていることについてご相談をお伺いします。
相談は精神保健福祉士、看護師が行います。
受付日時
月曜日から金曜日 9時から16時
土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く
電話:06−6645−2896

 「仕事と治療の両立支援」相談  どんな病気の方でもお受けしています!

2018年4月から毎月1回、大阪産業保健総合支援センター(以下 産保センター)の両立支援促進員が当院で「仕事と治療の両立」に関する相談をお受けします。

相  談  日:毎月第3月曜日【完全予約制】
時        間:13時〜16時
予約方法  :@電話06-6645-2725
       A直接来院(1階医療相談@A窓口)
       ※@Aとも、月〜金(祝日除く)9時〜16時45分
費        用:無料

相談内容例(一部)
・医師から日常生活の注意点を聞いたが、どのように会社に伝えていいのか分からない
・治療を受けながら働き続けることに不安がある
・治療後に復職しようとしても、解雇されるのではないか不安である

 造血幹細胞移植 地域連携支援センター
  当院は「造血幹細胞移植推進拠点病院」に選定されています。

地域の造血幹細胞移植医療体制の底上げを図ることを目的として、造血幹細胞移植に精通した医療関係者を育てたり、造血幹細胞移植の対象となる患者さんを診察している地域の医療機関を支援するなど、以下のような事業を行っています。
  • 造血幹細胞移植医療人材育成事業
  • 造血細胞移植コーディネート支援事業
  • 造血幹細胞移植地域連携事業
問合わせ先  血液内科・造血細胞移植科
電話:06−6645−5902
月〜金曜 9:30〜16:30(祝日、年末年始除く)

 患者申出療養相談

  • 患者申出療養についてのご相談や申し込みに対応しています。

 入・退院支援、在宅療養支援

安心して入院していただくために入院申込時から入院の準備も含め相談をお受けするとともに主治医や病棟の看護師と協働し、 転院も含め自宅や地元の医療機関(かかりつけ医、訪問看護など)へスムーズな移行ができますように退院の準備をお手伝いいたします。
また、外来通院中・在宅療養中の患者さんが安心して必要な医療や介護が継続できるように支援します。

 患者教育支援

患者さん・ご家族に対する医療情報の提供、地域医療機関との勉強会の開催などの情報発信・情報提供を行います。ご要望・ご意見をお寄せ下さい。

 豊かな療養生活支援

療養生活がより豊かになるよう病院ボランティアやアートプロジェクトなどの活動を支援します。
豊かな療養生活のために
  • ご意見箱から
  • 院内イベント情報
  • 院内ボランティア活動
  • 患者満足度調査
患者総合支援センター