大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
診療科・部門
相談窓口
医療関係者の方へ
採用情報
交通アクセス
 HOME > 診療科・部門 > 褥瘡委員会
委員長ご挨拶
 褥瘡対策、予防のためには、科学的根拠に基づいた褥瘡管理を行い、医療者が協働して予防環境整備、褥瘡治癒のための積極的な方策を立てていく必要があります。そのため、本院では、2002年8月に多職種から成るメンバーによる褥瘡対策チームを設置しました。
 2003年4月には正式に褥瘡対策委員会(2006年6月に褥瘡委員会へ名称変更)として再組織化し、2006年4月には創傷・オストミー・失禁(WOC)看護認定看護師1名を専従の褥瘡管理者として配置し、病院全体での褥瘡対策活動を推進しています。
 委員会では、各委員が褥瘡予防・褥瘡対策の共通認識を持ち、それぞれの専門性を十分に発揮し、「院内褥瘡発生ゼロ・褥瘡の治癒率向上」を目指し、取り組んでいます。
委員長 鶴田 大輔 (皮膚科/皮膚病態学教授)
褥瘡管理者ご挨拶
 平成24年4月より、褥瘡管理者として、
院内の褥瘡予防及び褥瘡対策に従事しています。
 当院は、急性期や重症の患者様が多く入院されているため、褥瘡が発生しやすい状況にあり、褥瘡予防、褥瘡の早期治癒を目指し、活動しています。
活動内容としては、褥瘡委員会で専任の医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、事務職員の多職種から構成、協働しあい、患者様のQOLの向上を目指しています。
 褥瘡回診では、専任医師や主治医、担当看護師とともに褥瘡予防に必要なケアや技術の提供・体圧分散寝具選択を行っています。
万が一褥瘡が発生してしまった場合は、治癒促進のための処置を行うとともに、各病棟の褥瘡ケア委員を中心に褥瘡対策についてカンファレンスを行い、助言・指導を行っております。また、褥瘡対策ガイドラインの作成や、褥瘡対策に関する院内研修、体圧分散寝具を含めた褥瘡ケア物品の整備なども行っております。
 病棟スタッフと連携を図りながら、入院患者様へ褥瘡のない、より良い入院環境を提供できるように努めております。
専従褥瘡管理者 曽我 智美
褥瘡(じょくそう)とは...
持続的な圧迫によって発生する皮膚及び皮下組織の損傷すべて
〜米国褥瘡諮問委員会の定義より
目次
褥瘡委員会の活動
褥瘡回診
褥瘡ケア委員への研修
褥瘡対策に係る備品整備状況
体圧分散寝具等整備状況一覧
褥瘡対策に係る施設基準
入院基本料
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
褥瘡に関する統計(本院)
褥瘡発生率の推移
褥瘡有症率の推移
褥瘡治癒率の推移
お知らせ
2013年5月27日
以下のページを更新しました。
・委員長ご挨拶
・体圧分散寝具等整備状況一覧
2012年11月5日
各ページの情報を更新しました。
2010年8月12日
褥瘡に関する統計(本院)のページを更新しました。
2007年5月1日
褥瘡委員会のホームページを作りました。末永く宜しくお願いします。
褥瘡対策の組織

クリックで拡大します