大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
診療科・部門
相談窓口
医療関係者の方へ
採用情報
交通アクセス
ホーム地域がん診療連携拠点病院 (大阪市大病院のがん治療への取り組み)
大阪市大病院の
がん治療への取り組み

大阪市大病院のがん治療への取り組み
地域がん診療連携拠点病院として
 大阪市立大学医学部附属病院は、がんの早期診断から治療、リハビリテーション、予後療養まで一貫した医療サービスを提供し、地域医療に貢献できるよう努力してまいりました。
 平成21月4月には、地域がん診療連携拠点病院の指定要件(厚労省HP参照)を満たす施設として、国による「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。
 本院は、他の拠点病院や地域の病院・診療所と相互に連携し、地域におけるがん治療水準の向上に努めるとともに、緩和ケアの充実、在宅医療の支援、がん患者・家族等に対する相談支援、がんに関する各種情報の収集・提供といった、がんに関わる様々なニーズに対して、より充実した医療・サービスを提供できるよう努めてまいります。

 また、将来においての医療とサービスの充実の為には、がんに携わる医師・研究者・その他の医療関係者の育成が不可欠との考えから、大学病院という環境を生かし、がんのプロフェッショナルを育成する様々な取り組みも、積極的に展開しています。

がん診療連携拠点病院としての取り組み
  上の図が見にくい時は、図をクリックすると拡大できます。
 
がん医療への取り組み
 大阪市立大学医学部附属病院および医学部(大学院医学研究科)では、がんに関する様々な取り組みを続けています。
 以下に、近年の主な取り組みを紹介します。

がん診療委員会
 大阪市立大学医学部附属病院では、がん診療の円滑な運営のため、関係診療科と関係各部門から選出された者により二ヶ月に一度がん診療委員会を開催し、がん診療の水準向上、がん診療の地域連携、患者QOL等について検討し、院内で課題共有した上で組織的な改善を図っています。  
各診療科での取り組み
 本院各診療科には、がん医療において日本・世界を代表する医師も多数在籍しており、それぞれの専門分野において最先端の高度ながん医療を提供するため、日々研鑽しております。
 また、最新式のMRI画像診断装置やリニアック、手術支援システムなどの導入も積極的に進めております。
 放射線医学部門では、CT、MRI、PET等の最新式の画像診断装置を有し、またカテーテルや穿刺針などを用いておこなうIVR(低侵襲的治療)にも実績があります。
 核医学分野では、各種画像診断装置を用いた腫瘍の検査の他、放射性同位元素を用いた新たな治療法も実施しています。
 血液腫瘍医学分野では白血病やリンパ腫の従来療法に加え、分子標的療法や分子誘導療法などの最先端の治療も可能です。
 緩和ケアの領域では、麻酔科・ペインクリニック科や神経精神科のスタッフを中心に・A看護師、ソーシャルワーカーなどがチームを組んで物理的・心理的に患者さんのサポートをしています。 
  →大阪市立大学医学部附属病院 診療科と中央部門のご案内
がん地域連携パスの取り組み
 がん診療において医療機関の役割分担を進め、がん医療の質の保証と安全・安心の確保を図ることが以前にもまして重要となっています。このような中、標準化された診断診療体系に基づいて、疾患管理の全体像を可視化・構造化し、医療機能に応じた役割分担を明示するために欠かせないのが、がん地域連携パスです。
 大阪府内のがん診療連携拠点病院及び大学附属病院等により構成されている大阪府がん診療連携協議会では、地域連携クリティカルパス部会を設置し、大阪府内の医療機関で共通に利用していただける「がん地域連携パス」の策定を行いました。
 策定対象としては、5大がん(肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がん)及び前立腺がんを加えた合計6つのがん疾患を対象としています。

がん治療連携パス運用例

■がん治療計画連携医療機関
  当院との連携機関は、こちらをご覧ください。

  ※当院とのがん治療連携にご協力いただける医療機関さまは、別紙をご準備のうえ患者支援課(電話06-6645-2857)までご連絡ください。
院内がん登録
 院内がん登録は、病院で診断されたり、治療されたりした全ての患者さんのがんについての情報を、診療科を問わず病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。

■大阪府がん登録への届け出件数
 以下のリンク情報は、大阪府立成人病センターがん予防情報センターのホームページで提供されているPDFにリンクします。
  →大阪府がん登録への届出件数(2001-2013)

■院内がん登録件数
  →2016年院内がん登録
化学療法センター
 副作用の少ない抗がん剤の開発や副作用をコントロールできる薬剤の開発により、日常生活を送りながら、外来で抗がん剤治療(化学療法)ができるようになってきました。
  そこで、安全・確実に化学療法を受けていただくために、平成18年4月に化学療法センターを開設しました。現在毎月300件(消化器疾患、呼吸器疾患、婦人科疾患、乳腺疾患、血液疾患)の治療を行っています。
  →大阪市立大学医学部附属病院 化学療法センターホームページ
がん相談支援センター
 大阪市立大学医学部附属病院・がん相談支援センターは、相談員として専任看護師が患者さんやご家族の方のお話を伺い、一緒に考え、課題解決のお手伝いをさせていただきます。また、お伺いした内容により、専門の看護師や医療ソーシャルワーカーなどのスタッフをご紹介させていただきます。

■相談の概要
  • がんの病態、標準的治療方法等がん診療及びがんの予防・早期発見等に関する一般的な情報の提供。
  • 診療機能など、地域の医療機関等に関する情報の提供。
■相談受付時間
  • 月曜〜金曜日(祝日、年末年始を除く)  9:00〜16:00
■相談方法
  • 窓口:病院1階 医療相談 @、A番窓口
  • TEL:06-6645-2725

 上記のいずれかで相談を受付しております。
セカンドオピニオン
 現在、診療を受けている主治医以外の専門医から、現在の治療の内容や他の治療方法等について意見を聞くことをセカンドオピニオンといいます。
 本院では、他の医療機関で治療を受けている方またはご家族に対し、当院の医師がその疾病に関わる治療法等の情報を提供することで、患者さんまたはご家族が納得できる医療を選択できるように平成17年7月1日からセカンドオピニオン外来を実施しています。

1. 対象者
    現在受診中の医療機関での診断や治療方針について、このままでよいのか、あるいは他の治療法があるのか等悩んでいる患者さんまたはご家族が対象です。転院や訴訟等を目的とされる方は対象となりません。
2. 対象疾患
    各種がん疾患 (対応できない場合もあるため、事前に問い合わせてください。)
3. 実施方法ほか

緩和ケアチーム
 緩和ケアチームとは、がんの診療を受けておられる患者さまの痛みをはじめとする症状を和らげたり、ご家族も含めたこころのケアを行っていく専門家チームのことです。
 主治医や担当看護師と協力して以下の活動を行っています。

・患者さまのつらい症状へのサポート
・患者さまのこころのケア
・社会生活を含めた様々な悩みへの支援
緩和ケア研修会修了者一覧(医師)
 ・緩和ケア研修会修了者一覧(医師)

緩和ケア外来
■ 緩和ケア外来とは
がんによる痛み、吐き気、呼吸苦、倦怠感などの身体的な苦痛、気持ちのつらさなどの苦痛を軽くするため、診察し、話をうかがった上で主治医(かかりつけ)の先生と相談しながら、よりよい療養生活を送っていただけるように支援することを目的に緩和ケア外来を設置しております。

■ 緩和ケア外来について
  • 完全予約制です。受診を希望される患者さんは必ず主治医(かかりつけ医)にご相談下さい。
  • 主治医の先生を中心に支援しますので、当外来ではお薬の処方や検査はいたしません。もし処方や検査が必要と判断される場合は主治医の先生に依頼いたします。
  • 当院緩和ケア外来は24時間体制ではありません。したがって受診時以外の時間帯につきましてはお電話での問い合わせは対応しておらず、いかなる場合でも緩和ケア目的の緊急、救急受診には対応できませんのでご了承下さい。
  • また当院は緩和ケア病棟がありませんので、緩和ケア目的の入院治療にはお応えできませんのでご了承下さい。

■ 受診・予約の方法 
 完全事前予約制となっています。
  1. がんの治療で現在当院通院中の方
    現在受診している診療科の主治医に「緩和ケア外来受診希望」とお申し出ください。
  2. がんの治療において、現在当院に通院中でない方
    現在かかっている病院・医院・クリニックの主治医の先生に受診希望をお伝えください。主治医の先生から当院のがん相談支援センターにご連絡をいただいた上で予約をお取りします。

■ 外来診察日/時間 
 毎週水曜日 午前9時〜12時 

■ 問合せ先 
 がん相談支援センター 
  • 窓 口 : 病院1階 医療相談 @、A番窓口又は総合案内
  • TEL   : 06-6645-2725
  • FAX  : 06-6636-3539

■ 問合せ受付時間
 月曜〜金曜日(祝日、年末年始を除く) 13時〜16時

専門看護師・認定看護師
 看護部では、がんの治療と看護ケアに関する専門的な知識と技術を有する看護師として日本看護協会の認定審査に合格した専門看護師(CNS:Certified Nurse Specialist)と、日本看護協会が定めた教育課程を修了し、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践ができると認められた認定看護師(CN:Certified Nurse)を中心に、がん患者への高度な看護ケアを提供しています。
 2010年4月現在、がん治療に関する認定看護師は、がん看護専門看護師が1名、がん化学療法看護認定看護師が2名、緩和ケア認定看護師は1名です。
大阪市立大学医学部附属病院 看護部ホームページ
   >スペシャルコンテンツ>専門看護師 認定看護師
7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン
 7大学連携先端的がん教育基盤創造プランは、近畿圏の6つの医学・看護学・薬学系大学院研究科が協力し、平成19年度から23年度には、本学医学研究科を含む近畿圏6大学による「6大学連携オンコロジーチーム養成プラン」を実施してまいりましたが、平成24年度からは、本学医学研究科を含む近畿圏7大学による「7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン」が文部科学省の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に採択され、より多くのがん専門医療人を養成しております。
 大阪市立大学大学院医学研究科では、がん専門医を養成する大学院博士過程コースと、地域のがん専門医療チーム(オンコロジーチーム)の育成と支援を柱とするインテンシブコースを展開しております。
7大学連携先端的がん教育基盤創造プランホームページ