大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
診療科・部門
相談窓口
医療関係者の方へ
採用情報
交通アクセス
ホーム地域がん診療連携拠点病院国の取り組み
国の取り組み - がん診療連携拠点病院について -
 
日本のがん対策について
 日本では死因の第1位にがんが占めていますが、診療レベルは地域格差、病院格差があり、がん医療の水準の向上と均てん化の実現が急務となりました。 そこで、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん医療の均てん化を戦略目標として、整備を進めてきました。がん患者がその居住する地域にかかわらず等しくそのがんの状態に応じた適切ながん医療を受けることができるよう、都道府県知事による推薦をもとに、厚生労働大臣が指定した病院が、がん診療連携拠点病院です。
 がん診療連携拠点病院には「都道府県がん診療連携拠点病院」と「地域がん診療連携拠点病院」があります。

■都道府県がん診療連携拠点病院
  各都道府県におけるがん診療の質の向上、及び医療機関の連携協力体制の構築に関して、中心的な役割を担う病院です。専門的ながん医療を行う医師等を対象とした研修の実施や、地域がん診療連携拠点病院等に対する情報提供、症例相談や診療支援などを行います。
各都道府県に原則1ヶ所指定されます。

■地域がん診療連携拠点病院
 
各都道府県の2次医療圏に概ね1ヵ所指定されます。
地域がん診療連携拠点病院は以下の様な役割があります。
 ・地域の医療機関と緊密な連携の下、質の高いがん医療を提供する体制を確保する。
 ・.地域におけるがん診療に従事する医師等に対する研修の機会を提供する。
 ・.地域の医療機関及び県民に対し、必要ながん医療に関する情報提供を行う。

 がん診療連携拠点病院の指定要件等の詳しい内容については厚生労働省のホームページをご参照下さい。

 ・厚生労働省ホームページ
 
国立がんセンター中央病院及び東病院
 がん診療連携拠点病院の中でも、他のがん診療連携拠点病院への診療に関する支援、及び専門的な知識及び技能を有する医師やその他の医療従事者の育成等の役割を担っています。
 全国のがん診療連携拠点病院については、国立がん研究センターがん対策情報センターホームページで検索することができます。

 ・国立がん研究センターがん対策情報センターホームページ
   >病院を探す

がん診療連携拠点病院制度のイメージ
がん診療連携拠点病院のイメージ図
上の図が見にくい時は、図をクリックすると拡大できます。